習慣化で上達アップのコツとは

公開日: : 最終更新日:2016/06/01 ピアノレッスン

習慣化。

大人になって、何かを始めようと思った時、それを続ける事が困難な事があります。

私達が子どもの頃から、習慣付けられていること。

例えば歯みがき。絶対に毎日数回はしますよね(^^)

そして、考えてするのではなく無意識に。

この無意識が大切な様ですね。^o^

あるコーチングの本に、『習熟段階は、無意識レベルからはじまって、それが意識レベルに変化し、習熟が進んだ段階では、また無意識レベルになっていく。』

と書かれていました。

なんか難しいですね…(^_^;)

子どもの習慣化の場合は、ピアノ教師はもちろんですが、やっぱり親御さんの接し方、言葉かけがとっても大切。

グリュックイラストトップ

私の亡くなった母は、「練習しなさい!」って殆ど言わなかったですね。(o^^o)

いつもやわらかい感じに話す母で、「マキちゃんのピアノ聞きたいな〜」とか言って

私が弾くのを嬉しそうに見守ってくれていました(o^^o)

3歳のK君。

image

好奇心旺盛で、絵本が大好きな男の子(*^^*)

この間、K君のお母さんが、「最近、練習が習慣になってきました」とおしゃっていました。

これはやはり、お母さまの努力ですね。

K君のお母さん、「お母さんKのピアノ聞かないと元気が出ない」とか色々言葉かけして、誘導されています。

お母さんがいない時は、お父さんと練習する事もあるそう(^∇^)

ピアノの練習の場合、習慣化が定着するまでの間に、難しいな〜、大変だな〜という事が起こります。

その時に大切なこと…

回りの上手な言葉かけ褒め言葉や、目標(発表会など)、それから、レッスンが楽しい!と思えることです。

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添って、楽しみながら学べる様、心がけています^ ^

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^^)

 

関連記事

季節を感じ、表現力へ

季節を感じる事は表現力を高めます。 グリュックピアノ教室の生徒さん達、みんな大好きな絵本の音楽

記事を読む

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

待ちに待った発表会

3月25日、発表会でした〜(^∇^) 朝から準備などなどに、追われて、バタバタでしたが…(^^

記事を読む

体験レッスン(2歳11ヶ月のK君)

昨日は、8月で3歳になるK君の体験レッスンでした^o^ レッスンの日、楽しみに待ってくれていた

記事を読む

やり遂げる力を養う

モンテッソーリ教育。 私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だ

記事を読む

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

年齢に応じて…

3歳のMちゃん。 少し恥ずかしがりやさん(^.^) ホームページを見て下さって、絵本の弾

記事を読む

音楽がリアル感を増す

3歳のK君。 感受性豊かな男の子。(^∇^) 絵本の弾き語りが大好き。 レッスンで

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

レッスンの要

一番肝心な、要とも言える初歩のレッスン。 最初が肝心とよく言いますが、本当にそうだと思います。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑