習慣化で上達アップのコツとは

公開日: : 最終更新日:2016/06/01 ピアノレッスン

習慣化。

大人になって、何かを始めようと思った時、それを続ける事が困難な事があります。

私達が子どもの頃から、習慣付けられていること。

例えば歯みがき。絶対に毎日数回はしますよね(^^)

そして、考えてするのではなく無意識に。

この無意識が大切な様ですね。^o^

あるコーチングの本に、『習熟段階は、無意識レベルからはじまって、それが意識レベルに変化し、習熟が進んだ段階では、また無意識レベルになっていく。』

と書かれていました。

なんか難しいですね…(^_^;)

子どもの習慣化の場合は、ピアノ教師はもちろんですが、やっぱり親御さんの接し方、言葉かけがとっても大切。

グリュックイラストトップ

私の亡くなった母は、「練習しなさい!」って殆ど言わなかったですね。(o^^o)

いつもやわらかい感じに話す母で、「マキちゃんのピアノ聞きたいな〜」とか言って

私が弾くのを嬉しそうに見守ってくれていました(o^^o)

3歳のK君。

image

好奇心旺盛で、絵本が大好きな男の子(*^^*)

この間、K君のお母さんが、「最近、練習が習慣になってきました」とおしゃっていました。

これはやはり、お母さまの努力ですね。

K君のお母さん、「お母さんKのピアノ聞かないと元気が出ない」とか色々言葉かけして、誘導されています。

お母さんがいない時は、お父さんと練習する事もあるそう(^∇^)

ピアノの練習の場合、習慣化が定着するまでの間に、難しいな〜、大変だな〜という事が起こります。

その時に大切なこと…

回りの上手な言葉かけ褒め言葉や、目標(発表会など)、それから、レッスンが楽しい!と思えることです。

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添って、楽しみながら学べる様、心がけています^ ^

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^^)

 

関連記事

表現力がパワーアップする方法

昨日のレッスンで、生徒さんのお母様が、嬉しいことを言って下さいました。(o^^o) 「今までと

記事を読む

ピアノ教師の存在

グリュックピアノ教室の生徒さんは、1歳7ヶ月のお子様から、80歳の大人の方まで。 Tさんは、先

記事を読む

タイミングを掴む

幼児のお子様をレッスンする時に、大切なことは沢山ありますが、レッスンを進めていく上で、ここだ!ってい

記事を読む

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

音楽用語は難しい??

音楽用語とは、作曲者が楽譜に記したメッセージ。 実際に作曲家が使われた意味とは、もしか

記事を読む

繰り返す事の大切さ

子ども達は、同じ事を繰り返す事で覚える。 幼児期の絵本の読み聞かせなどもそうです。 お家

記事を読む

音楽は調和の原点

ピアノを弾くことは、表現力、集中力、想像力など、様々なことが必要です。 その中でも、他の楽器や

記事を読む

子ども達のお手本とは

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。 レッスンしていると、本当にそ

記事を読む

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

こだわりが大切な理由

こだわり。 皆さん持っていると思います。 こだわりとは、信念、ポリシーがある事。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑