長い目でみて〜^ ^

公開日: : 最終更新日:2016/05/28 ピアノレッスン, 幼児教育

点で見るのではなく、線で見る。

今見えている部分は点の部分。

そこで判断せずに、長い目で…

つまり、線で見てあげて欲しい。

これは、子ども達に対して(^^)

目の前の行動が、大人が見て困ったな〜と思う行動でも、そこには意味があると思うんです(o^^o)

好奇心が旺盛でエネルギーが強い子、感性が豊かな子は、落ち着きがないと思われがち。

そんな子ども達こそ、秘めた力を持っていると思います。

4歳のYちゃん。

3歳の時からレッスンを始めて、ちようど1年。

好奇心旺盛でエネルギー満々な女の子。

image

最初の頃は、いやだ〜と、ちょっとおふざけちゃんで、なかなかレッスンが始められなかった時がありました。

でも今は、時々まだおふざけちゃんですが^ ^集中してレッスンが受けれるようになってきました。

お母さんもこの間、「最初はどうなるかと思ったけど…」っとおっしゃていました^o^

ピアノは他の習い事とは少し違います。

その時にふざけたりしていても、音楽に触れている事で、ちゃんと吸収されているんです(*^o^*)

目の前を見るのではなく、先を見てあげて欲しいんです(^-^)

 

ピアノの上達も同じ。

ピアノは習ってすぐに弾けるわけではありません。

音楽に触れて、レッスンで習って音符が読めるようになって…

そこに想像性や、表現が加わって、演奏が出来るようになります。

つまり、点が重なり合って線になる。

なんでもそうなのかも…(^^)

人生も、同じなのかもしれませんね^^;

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを心掛けています。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^∇^)

 

関連記事

子ども達の感性を磨く、大事な事とは

音育 ピアノ教室は、子ども達の耳を育て、心を育てる場所です。 つまり、音育です。幼児期には最

記事を読む

表現力がパワーアップする方法

昨日のレッスンで、生徒さんのお母様が、嬉しいことを言って下さいました。(o^^o) 「今までと

記事を読む

相対音感とは…

今までに、絶対音感については、書きましたが… 今回は相対音感についてです。 一般的には、

記事を読む

子どもの頃から本物を

今日は、お休みなので、京都のカフェでブログを書いています。 ここのカフェは本店が美味しいフレン

記事を読む

絵本を使ったピアノレッスンとは(動画付き)

グリュックピアノ教室では、絵本の弾き語りをレッスンに取り入れています。 絵本の弾き語りとは..

記事を読む

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

楽しく覚える方法とは

以前、「楽譜を形で覚える」の所で、和音の読み方について書きましたが、少し補足したいと思います。

記事を読む

繊細な感性を養う

ピアノレッスンはピアノに向かって弾くことだけだと思われがちです。 でも、特に好奇心旺盛な小さな

記事を読む

絵本は表現力の宝庫

「今日の絵本はなに?」グリュックピアノ教室の子ども達はみんな絵本の弾き語りが大好き! 絵本には

記事を読む

表現を引き出す言葉かけ

子ども達は、心の中に色んな表現を持っています。 レッスンでそれを引き出してあげることが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑