長い目でみて〜^ ^

公開日: : 最終更新日:2016/05/28 ピアノレッスン, 幼児教育

点で見るのではなく、線で見る。

今見えている部分は点の部分。

そこで判断せずに、長い目で…

つまり、線で見てあげて欲しい。

これは、子ども達に対して(^^)

目の前の行動が、大人が見て困ったな〜と思う行動でも、そこには意味があると思うんです(o^^o)

好奇心が旺盛でエネルギーが強い子、感性が豊かな子は、落ち着きがないと思われがち。

そんな子ども達こそ、秘めた力を持っていると思います。

4歳のYちゃん。

3歳の時からレッスンを始めて、ちようど1年。

好奇心旺盛でエネルギー満々な女の子。

image

最初の頃は、いやだ〜と、ちょっとおふざけちゃんで、なかなかレッスンが始められなかった時がありました。

でも今は、時々まだおふざけちゃんですが^ ^集中してレッスンが受けれるようになってきました。

お母さんもこの間、「最初はどうなるかと思ったけど…」っとおっしゃていました^o^

ピアノは他の習い事とは少し違います。

その時にふざけたりしていても、音楽に触れている事で、ちゃんと吸収されているんです(*^o^*)

目の前を見るのではなく、先を見てあげて欲しいんです(^-^)

 

ピアノの上達も同じ。

ピアノは習ってすぐに弾けるわけではありません。

音楽に触れて、レッスンで習って音符が読めるようになって…

そこに想像性や、表現が加わって、演奏が出来るようになります。

つまり、点が重なり合って線になる。

なんでもそうなのかも…(^^)

人生も、同じなのかもしれませんね^^;

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを心掛けています。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^∇^)

 

関連記事

モチベーションを持続させる秘訣とは

ピアノレッスンで、モチベーションを持続して貰うには… 達成感を感じとれる経験が出来るように、工

記事を読む

子ども達が上達するコツ

ピアノ教室は他の習い事よりも、お家での練習が大事です。 でも「練習してきてね」だけではお家で練

記事を読む

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

綺麗な音を出す為に大切なことは

いつもお手紙を書いてくれるKちゃん。 季節感のある、ドングリ付きのお手紙をくれました。

記事を読む

子ども達の感性を磨く、大事な事とは

音育 ピアノ教室は、子ども達の耳を育て、心を育てる場所です。 つまり、音育です。幼児期には最

記事を読む

体験レッスン(2歳11ヶ月のK君)

昨日は、8月で3歳になるK君の体験レッスンでした^o^ レッスンの日、楽しみに待ってくれていた

記事を読む

即興〜作曲へ

即興のコツは、絵本を使ってするのが近道だと書きました。 絵本は絵のイメージや、物語りから表現が

記事を読む

幼児期に必要なこと

幼児期〜児童期は、純粋で、真っ白な混じり気のない状態。(^^) この状態の時は、吸収力が凄いで

記事を読む

幼児期にしか身につかないこと、それは…

私の父も母も音楽好きで、私がお腹にいる時から、クラシックやポピュラーなど 色んな音楽を聞かせて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑