音楽用語は難しい??

公開日: : 最終更新日:2016/08/02 ピアノレッスン, 練習方法

音楽用語とは、作曲者が楽譜に記したメッセージ。

image

実際に作曲家が使われた意味とは、もしかしたら違いがあるかも…

表現に使われる音楽用語は、殆どがイタリア語です。

日本語もそうですが、一つの言葉は、色んな意味に使われますよね。

イタリア語もそう。

でも、音楽用語の場合、1つか2つの意味しか書かれていません(^_^;)

子ども達がこれを理解するのは難しいです。

この間、スタッカートやレガートの事は書いたので、今回は初歩の頃でも出てくる、『フェルマータ

これは、音楽用語では『音を2倍に延ばす』

でも、実はフェルマータには、延ばすっていう意味はないそうです。

ではフェルマータの意味は??

実は、バス停なんですって(^∇^)

バス停と聞くと、なるほど〜と思いますよね。

延ばすのではなく、停止するんだ〜と理解出来ます。

子ども達も、そういうと、分かり易いみたいです(⌒▽⌒)

もう一つ、意味は違うけど、なるほど〜って理解出来る用語。

だんだん音を強める、『クレシェンド

この言葉は、とても幅広く使われる言葉だそうです。

『だんだん育つ、成長する』などの意味。

子ども達そのものですo(^▽^)o

image

自分達が成長していく過程は、急ではなく徐々に…

だから、だんだんと音を強める!分かり易いですね。

その反対の『デクレシェンド

deが下に、という意味で、下に成長する、つまり、だんだん減少する、という意味だそうです。

音楽用語で、重要なのは・・・「ニュアンス」

言葉本来の意味を理解することで、表現に幅が出て来ます。

そして子ども達には、分かり易く説明してあげる事が大切ですね(^^)

グリュックピアノ教室は、楽しく学べるピアノ教室です(^o^)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

関連記事

子ども達が、練習をやる気になる方法 その2

子ども達が、練習をやる気になる方法  その2 プチ ライバルを作る これは、妹さんでもお友達

記事を読む

感じる心から表現力へ

私は、夜、ホテルやレストランで演奏しています。 昨日は夏休み最後の日曜日、 ピアノのイス

記事を読む

音を聞く力がつく方法 その2

音を聞く力は、ピアノ演奏にも大事ですが、歌う事にもとても大切な事です。 吸収力の良い幼児期に、

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法

ピアノのレッスンが他の習い事と違うのは、練習をしなければいけない、という事。 練習することが日

記事を読む

子ども達の素質を育てるポイントとは

「すべての子ども達が、良質な素質を持っている。」 その素質を生かすポイントは… 本物に触

記事を読む

出張レッスンの良さ

いつも可愛いお手紙をくれるKちゃん。   お母さんがお仕事で忙しいので

記事を読む

綺麗な音で演奏出来るようになる秘訣

ピアノを演奏する時に大事なことは何だと思われますか? 楽譜を読むこと、リズム感なども、もちろん大切

記事を読む

楽譜を覚える前に(大人編)

4歳児クラスの先生、保育士のMさん。 今、2月の保育園での子ども達の発表会に向けて、練習中です

記事を読む

楽譜って難しい??

楽譜を読むことについて、今までにも色々書いてきました。 楽譜を読むことは、音符を読むことだけで

記事を読む

怒ってはいけない理由

ピアノのレッスンは約45分~1時間弱、 週に1回のこの時間、短いな~っていつも感じます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑