Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

音楽用語は難しい??

公開日: : 最終更新日:2016/08/02 ピアノレッスン, 練習方法

音楽用語とは、作曲者が楽譜に記したメッセージ。

image

実際に作曲家が使われた意味とは、もしかしたら違いがあるかも…

表現に使われる音楽用語は、殆どがイタリア語です。

日本語もそうですが、一つの言葉は、色んな意味に使われますよね。

イタリア語もそう。

でも、音楽用語の場合、1つか2つの意味しか書かれていません(^_^;)

子ども達がこれを理解するのは難しいです。

この間、スタッカートやレガートの事は書いたので、今回は初歩の頃でも出てくる、『フェルマータ

これは、音楽用語では『音を2倍に延ばす』

でも、実はフェルマータには、延ばすっていう意味はないそうです。

ではフェルマータの意味は??

実は、バス停なんですって(^∇^)

バス停と聞くと、なるほど〜と思いますよね。

延ばすのではなく、停止するんだ〜と理解出来ます。

子ども達も、そういうと、分かり易いみたいです(⌒▽⌒)

もう一つ、意味は違うけど、なるほど〜って理解出来る用語。

だんだん音を強める、『クレシェンド

この言葉は、とても幅広く使われる言葉だそうです。

『だんだん育つ、成長する』などの意味。

子ども達そのものですo(^▽^)o

image

自分達が成長していく過程は、急ではなく徐々に…

だから、だんだんと音を強める!分かり易いですね。

その反対の『デクレシェンド

deが下に、という意味で、下に成長する、つまり、だんだん減少する、という意味だそうです。

音楽用語で、重要なのは・・・「ニュアンス」

言葉本来の意味を理解することで、表現に幅が出て来ます。

そして子ども達には、分かり易く説明してあげる事が大切ですね(^^)

グリュックピアノ教室は、楽しく学べるピアノ教室です(^o^)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

関連記事

絵本から感じ取る、豊かな感性

天真爛漫で、いつも笑顔が可愛い5歳のNちゃん。 1歳半〜1年半くらい、カルチャーセンタ

記事を読む

出張レッスンの良さ

いつも可愛いお手紙をくれるKちゃん。   お母さんがお仕事で忙しいので

記事を読む

リズム練習の特徴

演奏する前に大切なことは、色々ありますが、特に楽器演奏にはリズム感が必要です。 リズム感は生ま

記事を読む

音楽的な環境の大切さ

音楽的環境。 吸収力の良い幼児期、児童期。 環境はとても大切です(╹◡╹) 綺麗な

記事を読む

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

続ける事の意義とは

今は、中学受験など、みんな忙しい(-.-;)y-~~~ なんだ、この写真は… という感じ

記事を読む

ピアノレッスンを楽しくするポイントとは

ピアノのレッスンで大事なことは… まず、楽しいな、と思って貰えるレッスンにするように、工夫する

記事を読む

表現を引き出す言葉かけ

子ども達は、心の中に色んな表現を持っています。 レッスンでそれを引き出してあげることが

記事を読む

タイミングを掴む

幼児のお子様をレッスンする時に、大切なことは沢山ありますが、レッスンを進めていく上で、ここだ!ってい

記事を読む

音楽は心を育てる

小学校3年生のKちゃんのお母さん、音楽好きな方なのでピアノだけしていれば、感性や表現力が育つ、と考え

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑