子ども達に分かりやすい表現方法とは

公開日: : 最終更新日:2016/07/09 ピアノレッスン, 練習方法

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。

image

例えばレガートで弾く。

レガートとはイタリア語で、繋がったという意味。

小包を縛るなどもレガートする、と言います。

音と音を縛る、つまり離れないように演奏すること。

しかし、音楽用語でのレガートの意味はというと…

「なめらかに、音を切らずに」

分かりづらいですよね(^^;;

これを子ども達にそのまま伝えても…??~(・・?))

子ども達にレガートを説明する時。

『タコさんは足に吸盤がついてて、吸い付いて歩くんだよ〜^o^

タコさんみたいに吸い付いて弾けるかな〜』

と説明します(^^;;

そうすると、みんな音を繋げて上手に弾いてくれます。

では、スタッカートの場合。

スタッカートは離れた、という意味。

くっついているものを離す。

繋がってたのがレガートで、離ればなれになったのがスタッカート。

つまり、反対です。

これも音楽用語では…

「音を切って弾く」

何とも分かりにくいですよね(^^;;

子ども達には特に…(~_~;)

スタッカートの子ども達への説明。

『雨がポツポツって振ってる感じは』とか…

image

瞬発的な意味で分かり易いのは…

鍵盤がもし熱かったらどうやって弾くかな?』

スタッカートは叩いて弾いてしまいがち。

弾いた後に素早く離す動作は、熱い物を触って、熱い!って離す動作に似ています。

あんまり大げさに熱い!だと、やり過ぎになっちゃいますけど…σ^_^;

たくさんある音楽用語を、理解する事は難しいですよね。

特に子ども達には、分かりやすい表現方法で説明してあげる事が大切だと思います(^∇^)

グリュックピアノ教室は、楽しく学べるピアノ教室です^o^

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^◇^)

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

絵本から溢れ出るメロディー

一昨日、大好きな絵本屋さん、フィネサブックスさんに行ってきました〜^_−☆ レッスンに使ってい

記事を読む

真似っこで表現力アップ

先月からレッスンを開始したHちゃん。 想像力も表現力も豊かな4歳になったばかりの女の子。

記事を読む

綺麗な音を奏でるためには

ピアノの演奏は、技術だけではありません。 聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

記事を読む

手の形が良くなるコツとは

昨日は4歳になったばかりのになちゃんのレッスンでした。 お家に行くと、1歳の弟のよし君が先にお

記事を読む

年齢にあったピアノ教育

子供のためのコンクール。 レベルは色々ありますが、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールな

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

何故、表現力が大切なのか

ピアノ演奏に大切な表現力。 表現力豊かな、小学校2年生のKちゃん。 幼稚園の頃から音楽付

記事を読む

子ども達の素質を育てるポイントとは

「すべての子ども達が、良質な素質を持っている。」 その素質を生かすポイントは… 本物に触

記事を読む

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

絵本を取り入れたレッスンで身につく事は

グリュックピアノ教室では、絵画のような、大人が見ても綺麗な絵本を取り入れた ピアノレッスンをし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑