子ども達に分かりやすい表現方法とは

公開日: : 最終更新日:2016/07/09 ピアノレッスン, 練習方法

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。

image

例えばレガートで弾く。

レガートとはイタリア語で、繋がったという意味。

小包を縛るなどもレガートする、と言います。

音と音を縛る、つまり離れないように演奏すること。

しかし、音楽用語でのレガートの意味はというと…

「なめらかに、音を切らずに」

分かりづらいですよね(^^;;

これを子ども達にそのまま伝えても…??~(・・?))

子ども達にレガートを説明する時。

『タコさんは足に吸盤がついてて、吸い付いて歩くんだよ〜^o^

タコさんみたいに吸い付いて弾けるかな〜』

と説明します(^^;;

そうすると、みんな音を繋げて上手に弾いてくれます。

では、スタッカートの場合。

スタッカートは離れた、という意味。

くっついているものを離す。

繋がってたのがレガートで、離ればなれになったのがスタッカート。

つまり、反対です。

これも音楽用語では…

「音を切って弾く」

何とも分かりにくいですよね(^^;;

子ども達には特に…(~_~;)

スタッカートの子ども達への説明。

『雨がポツポツって振ってる感じは』とか…

image

瞬発的な意味で分かり易いのは…

鍵盤がもし熱かったらどうやって弾くかな?』

スタッカートは叩いて弾いてしまいがち。

弾いた後に素早く離す動作は、熱い物を触って、熱い!って離す動作に似ています。

あんまり大げさに熱い!だと、やり過ぎになっちゃいますけど…σ^_^;

たくさんある音楽用語を、理解する事は難しいですよね。

特に子ども達には、分かりやすい表現方法で説明してあげる事が大切だと思います(^∇^)

グリュックピアノ教室は、楽しく学べるピアノ教室です^o^

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^◇^)

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

縦割りの良さとは

幼児教育でも、色んな教育方針の園がありますが、その中で、縦割りクラス。 異年齢混合の縦割りクラ

記事を読む

即興のコツ Part2

以前、即興のコツは、子ども達のように真っ白な心で、イメージをそのまま表現すると書きました。 今

記事を読む

個性が光る

発達障がいの男の子。 4歳になったばかりのN君。 レッスンを初めて、9ヶ月目。 慎

記事を読む

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

感じる心から表現力へ

私は、夜、ホテルやレストランで演奏しています。 昨日は夏休み最後の日曜日、 ピアノのイス

記事を読む

やっぱり名曲!

子ども達は幼い頃から綺麗なハーモニーが大好き^o^ 実は子どもっぽい曲ばかりが好きではないんで

記事を読む

静と動のバランス

外遊びが大好きな4歳のYちゃん。 太陽が大好きで、この夏も日焼けして真っ黒です。(^∇^)

記事を読む

ピアノレッスンを楽しくするポイントとは

ピアノのレッスンで大事なことは… まず、楽しいな、と思って貰えるレッスンにするように、工夫する

記事を読む

聴いて貰うことの大切さ

ピアノや楽器を演奏する時、第3者に聴いて貰うことは、とても大切です。 「練習の時は、弾けてたの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑