自然にイマジネーションが膨らむ

公開日: : 最終更新日:2016/07/27 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

ピアノを演奏する時にとても大切なこと。

「自分がどう表現したいのか?」

ピアノ演奏には、表現力がとっても大切。

でも、幼い子ども達に演奏の表現の仕方を説明するのは、結講難しいですσ(^_^;)

グリュックピアノ教室では、子ども達の表現力を高めるため、レッスンに絵本を使っています。

絵本複数の

ピアノレッスンに絵本を使う事は、子ども達の表現力を豊かにし、想像力を膨らませます。(*^^*)

絵本と音楽のセットは、先々の演奏の表現力にも大いに役立ちます^o^

表現が子ども達にも分かりやすく、イメージがつかみ易い曲を弾く事も重要な事です。

例えば『バスティン先生のお気に入り』の中の曲は、表現が溢れています。

image

“楽しい魔法使い” “動物園のカメ”  “飛んで行った風船”

曲名からでも楽しく、イマジネーションを膨らませる事が出来ます。

想像力のある、6年生のR君。

image

“バスティン先生のお気に入り”の曲を、表現力豊かに弾いてくれます(^∇^)

 

イマジネーションを高めてくれる曲と言えば、ギロックの曲もそうですね。

ギロックは、メロディの美しさから「音楽教育界のシューベルト」とまで、称えられていたそう。

美しいメロディ、ハーモニー、そしてリズムの面白さなど、個性的な魅力にあふれています。

子どものためのアルバムには、「フランス人形」、「森の伝説」、「魔法の木」など

想像力あふれる曲がたくさん。(^o^)

こういった子ども達でも、情景がイメージし易い曲を数多く弾く事で、表現力を高めることが出来ます(^∇^)

グリュックピアノ教室では、表現力を重要と考え、レッスンに絵本を使っています。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

 

関連記事

絵画のような絵本のご紹介

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を使っています(^∇^) 数多くある絵本の中で、

記事を読む

相対音感とは…

今までに、絶対音感については、書きましたが… 今回は相対音感についてです。 一般的には、

記事を読む

即興〜作曲へ

即興のコツは、絵本を使ってするのが近道だと書きました。 絵本は絵のイメージや、物語りから表現が

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

リズムのコツ

リズム。 グリュックピアノ教室では、子ども達がリズムを分かり易く覚える事が出来るよう、色つき音

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

子ども達の健康とピアノの上達

今日は、子ども達の健康のお話。 オーストリアや他のヨーロッパに行くといつも思うのですが

記事を読む

個性が光る

発達障がいの男の子。 4歳になったばかりのN君。 レッスンを初めて、9ヶ月目。 慎

記事を読む

男の子のレッスン

K君、まだ3歳になったばかりの男の子。 絵本が大好きで、絵本の弾き語りの時は、じ〜っと聞き入っ

記事を読む

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑