感動する心を育てる為に

公開日: : 最終更新日:2016/10/05 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

曲に感動する心を育てる。

これは音楽だけではなく、いろんな事に感動出来る、感受性豊かな子に育ちます。

image

曲に感動すると、この曲をこんな風に弾きたい!!と思い、モチベーションも上がります。

では、どうすれば、曲に感動する心(感受性)が育つのか。

子供の感受性を豊かに育てるためには、日常の様々な発見を一緒にして感動してあげる事なども大切。

そしてもう1つ。

それが、自然に身につくもの、それは…

絵本です(^∇^)

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を取り入れています。

みんな絵本が大好き!!(⌒▽⌒)

なぜ好きなのか?

それは、絵本の中で、ストーリーを疑似体験することができるからです。

主人公の気持ちになって物語の世界に浸り、「喜び」「寂しさ」「悲しみ」など様々な感情を経験する事が出来る。

そしてそこに音楽がプラスされる事で、表現力、想像性、感性が豊かになります。

4年生のKちゃん。image4年生のKちゃん。

ここちゃん

どちらもKちゃん(^^)

同い年で性格は少し違う2人ですが、2人とも感受性がとても豊かです。

自分の弾いている曲の中で、この部分が1番好き、と感じる感性、感動する心を持っています。

まだ会ったことのない2人ですが、発表会でお互いの演奏を聞いて貰って、感想を聞くのが楽しみです。(^o^)

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を取り入れています^ ^

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

 

関連記事

習慣化で上達アップのコツとは

習慣化。 大人になって、何かを始めようと思った時、それを続ける事が困難な事があります。

記事を読む

怒らない育児の誤解

褒め育て これはとても良いこと。 褒めることで子ども達の気力をアップさせます^ ^

記事を読む

いつでも始められる音感教育とは

ヨーロッパのお店みたいだけど、実は京都です。   京都の今出川にある、

記事を読む

音楽的な環境の大切さ

音楽的環境。 吸収力の良い幼児期、児童期。 環境はとても大切です(╹◡╹) 綺麗な

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

繰り返す事の大切さ

子ども達は、同じ事を繰り返す事で覚える。 幼児期の絵本の読み聞かせなどもそうです。 お家

記事を読む

ピアノが楽しく弾けるようになる秘訣

この間、ピアノレッスンを楽しくするポイントとは、というタイトルで、幼児期から 小学校高学年や、

記事を読む

調号を簡単に覚える方法

大人の方で、音楽は好きだけど楽譜を読むのは嫌い、という方が多い。 楽譜は難しいと思いこんでいる

記事を読む

魔法の力

ハグの威力。 日本人はあまりしませんが、この威力は魔法のようです。 日本人は、欧米人に比

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑