感覚、センスを磨く

公開日: : 最終更新日:2016/10/28 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

センスが良いとは…

センスとは感覚のこと。

つまりセンスが良いとは、感覚が優れているということ。

音楽でもそうですが、スポーツでも、感覚が鋭い人は上達が早いです。

この感覚的な部分を養うことは、大人になっても努力すれば養う事は出来ますが、やはり、吸収力の良い、子どもの頃からの習慣が大切だと思います。

ピアノを弾くことは、表現力、感性を豊かにし、直感的なイメージが自然に出来るようになります。

曲を弾く時は、音符を読む、リズムを取る、表現などを瞬時にしなくてないけないので、自然に、直感力を磨くことが出来るのです。

特に、直感的なイメージが豊かになること…

それは即興演奏です。

即興演奏は自然に、直観的な発想が磨かれます。

グリュックピアノ教室では、子ども達に、絵本を使って即興演奏をして貰います。

最初はみんな「む〜り〜  できな〜い!」と言ってますが、慣れてくると、自由に弾けるようになります。

中学2年生のYちゃん。

image

妹思いのお姉ちゃん(o^^o)

即興演奏が得意です。

いつも、場面に合ったなんとも言えない素敵なメロディを、弾いてくれます。

時々、自分が今弾いている曲の、1部分を使ったりして…(^∇^)

即興演奏は潜在的に持っているイメージが引き出され、感覚が磨かれる。

これからも、センスの良いメロディを、たくさん作って貰いたいです(o^^o)

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を取り入れています^ ^

吹田市、摂津市、豊中市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいね^o^

 

関連記事

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

音楽的な環境の大切さ

音楽的環境。 吸収力の良い幼児期、児童期。 環境はとても大切です(╹◡╹) 綺麗な

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

表現を引き出す言葉かけ

子ども達は、心の中に色んな表現を持っています。 レッスンでそれを引き出してあげることが

記事を読む

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

聴いて貰うことの大切さ

ピアノや楽器を演奏する時、第3者に聴いて貰うことは、とても大切です。 「練習の時は、弾けてたの

記事を読む

音楽を身体で感じることの大切さ

リズム感が良い人は、体で音楽を感じることが自然に出来ています。 ブラックミュージックや、ブルー

記事を読む

明けましておめでとうございます^o^

明けましておめでとうございます( ^∀^) 今年もあっという間に明けてしまいました〜 年

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑