子ども達の想像力 何でも本物??

公開日: : 最終更新日:2017/01/10 ピアノレッスン, レッスン方法, 幼児教育

子ども達は想像力が本当に豊かです。

まだ2歳のSちゃん。

image

レッスンの時、ぬいぐるみと一緒にレッスンする事も…

2・3歳の子たちは、ぬいぐるみ等を持って、「〜ちゃん、上手だね〜」と声を変えて話すと、本当にそのぬいぐるみが喋ってるって思います。

可愛いですよね〜(o^^o)

3歳のR君。

image

絵本の弾き語りが大好き。

他の事はいやいや〜って言ってても、「絵本にする?」って言うと、ふっと顔が変わって「うん!」

この間、絵本の中のゾウさんが話しているように、低い声で「Rくんピアノ優しく弾いてね」って言うと…

顔色が変わって、ピアノを優しく弾いた後…

急に泣き出しちゃったんです〜(;_;)

ゾウさんが急に話しかけたΣ(‘◉⌓◉’)と思って、恐かったみたい(*_*)

R君、驚かせてしまってごめんね>_<

SちゃんもR君も、グリュックピアノ教室の生徒さんはみんな、絵本の弾き語りが大好き。

絵本好きな子は、心の中に秘めている想像力、表現力がどんどん豊かになっていきます。

 

想像力と言えば、イマジナリーフレンドってご存知でしょうか?

イマジナリーフレンドとは、目に見えない空想の友達のこと。

こう言うと、不思議な力の様に思ってしまいますが…(^^;;

幼少期によくある現象なのだそう(╹◡╹)

自分だけに見える友達がいたり、ぬいぐるみなどと会話ができたりすることは、3歳から7歳の子どもの約

半数に経験がある、という北米の研究結果もあります。

大人になっても、何かに助けられた、とか教えられた、と言う経験ってありますよね(^^)

イマジナリーフレンドは、困ったときの子どもの心を支え、助けてくれる存在なんだそう(o^^o)

いつかひとりでも大丈夫だと思えたときに、その存在はそっと消えていくみたいです。

素敵…( ◠‿◠ )

もし、こういう話を子どもがしてきた時、否定するような事を言ってしまって、子ども達の心を傷つけてしまわないようにする事が大切ですよね(*^^*)

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを心がけています。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

関連記事

音楽は心を育てる

小学校3年生のKちゃんのお母さん、音楽好きな方なのでピアノだけしていれば、感性や表現力が育つ、と考え

記事を読む

即興〜作曲へ

即興のコツは、絵本を使ってするのが近道だと書きました。 絵本は絵のイメージや、物語りから表現が

記事を読む

上達にも繫がる信頼関係

3歳のMちゃん、下の赤ちゃんが産まれて4ヶ月、今、赤ちゃん返り中なのですが… 保育園で

記事を読む

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

絵本を取り入れたレッスンで身につく事は

グリュックピアノ教室では、絵画のような、大人が見ても綺麗な絵本を取り入れた ピアノレッスンをし

記事を読む

綺麗な音を奏でるためには

ピアノの演奏は、技術だけではありません。 聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

記事を読む

子ども達の集中力を持たせる方法とは

幼児期の子ども達の集中力は短い、とよく耳にしますが… 短いというのは  無い、とは違うのです。

記事を読む

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

綺麗な音を出す秘訣とは

綺麗な音で弾くこと。 グリュックピアノ教室が大切にしている事です。 どうすれば綺麗な音が

記事を読む

繰り返す事の大切さ

子ども達は、同じ事を繰り返す事で覚える。 幼児期の絵本の読み聞かせなどもそうです。 お家

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑