子ども達の想像力 何でも本物??

公開日: : 最終更新日:2017/01/10 ピアノレッスン, レッスン方法, 幼児教育

子ども達は想像力が本当に豊かです。

まだ2歳のSちゃん。

image

レッスンの時、ぬいぐるみと一緒にレッスンする事も…

2・3歳の子たちは、ぬいぐるみ等を持って、「〜ちゃん、上手だね〜」と声を変えて話すと、本当にそのぬいぐるみが喋ってるって思います。

可愛いですよね〜(o^^o)

3歳のR君。

image

絵本の弾き語りが大好き。

他の事はいやいや〜って言ってても、「絵本にする?」って言うと、ふっと顔が変わって「うん!」

この間、絵本の中のゾウさんが話しているように、低い声で「Rくんピアノ優しく弾いてね」って言うと…

顔色が変わって、ピアノを優しく弾いた後…

急に泣き出しちゃったんです〜(;_;)

ゾウさんが急に話しかけたΣ(‘◉⌓◉’)と思って、恐かったみたい(*_*)

R君、驚かせてしまってごめんね>_<

SちゃんもR君も、グリュックピアノ教室の生徒さんはみんな、絵本の弾き語りが大好き。

絵本好きな子は、心の中に秘めている想像力、表現力がどんどん豊かになっていきます。

 

想像力と言えば、イマジナリーフレンドってご存知でしょうか?

イマジナリーフレンドとは、目に見えない空想の友達のこと。

こう言うと、不思議な力の様に思ってしまいますが…(^^;;

幼少期によくある現象なのだそう(╹◡╹)

自分だけに見える友達がいたり、ぬいぐるみなどと会話ができたりすることは、3歳から7歳の子どもの約

半数に経験がある、という北米の研究結果もあります。

大人になっても、何かに助けられた、とか教えられた、と言う経験ってありますよね(^^)

イマジナリーフレンドは、困ったときの子どもの心を支え、助けてくれる存在なんだそう(o^^o)

いつかひとりでも大丈夫だと思えたときに、その存在はそっと消えていくみたいです。

素敵…( ◠‿◠ )

もし、こういう話を子どもがしてきた時、否定するような事を言ってしまって、子ども達の心を傷つけてしまわないようにする事が大切ですよね(*^^*)

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを心がけています。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

関連記事

努力が習慣になる

努力。 大人になると、必要と分かっているけど、苦手な事は億劫になりがちです。 でも、努力

記事を読む

見守る事の大切さ

私は朝はパン派です。パン好きで特に天然酵母パンが大好きです(*^_^*) 毎日ホームベーカリー

記事を読む

待ちに待った発表会

3月25日、発表会でした〜(^∇^) 朝から準備などなどに、追われて、バタバタでしたが…(^^

記事を読む

子ども達が、練習をやる気になる方法 その2

子ども達が、練習をやる気になる方法  その2 プチ ライバルを作る これは、妹さんでもお友達

記事を読む

コード奏法を速く覚えるコツとは

グリュックピアノ教室では、初歩の頃から、音名をドレミと共に、ABCで覚えてもらいます。 何故か

記事を読む

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

音階は難しい??

音階とは、音の階段。 音がどのように上がっているのか… 音階は、ピタゴラスによって発見さ

記事を読む

縦割りの良さとは

幼児教育でも、色んな教育方針の園がありますが、その中で、縦割りクラス。 異年齢混合の縦割りクラ

記事を読む

年齢にあったピアノ教育

子供のためのコンクール。 レベルは色々ありますが、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールな

記事を読む

表現のつぼみが開くとき

5歳の生徒さん、Tちゃん。 いつも、新鮮な気持ちにさせて貰っています。 子ども達の感覚っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑