子ども達の想像力 何でも本物??

公開日: : 最終更新日:2017/01/10 ピアノレッスン, レッスン方法, 幼児教育

子ども達は想像力が本当に豊かです。

まだ2歳のSちゃん。

image

レッスンの時、ぬいぐるみと一緒にレッスンする事も…

2・3歳の子たちは、ぬいぐるみ等を持って、「〜ちゃん、上手だね〜」と声を変えて話すと、本当にそのぬいぐるみが喋ってるって思います。

可愛いですよね〜(o^^o)

3歳のR君。

image

絵本の弾き語りが大好き。

他の事はいやいや〜って言ってても、「絵本にする?」って言うと、ふっと顔が変わって「うん!」

この間、絵本の中のゾウさんが話しているように、低い声で「Rくんピアノ優しく弾いてね」って言うと…

顔色が変わって、ピアノを優しく弾いた後…

急に泣き出しちゃったんです〜(;_;)

ゾウさんが急に話しかけたΣ(‘◉⌓◉’)と思って、恐かったみたい(*_*)

R君、驚かせてしまってごめんね>_<

SちゃんもR君も、グリュックピアノ教室の生徒さんはみんな、絵本の弾き語りが大好き。

絵本好きな子は、心の中に秘めている想像力、表現力がどんどん豊かになっていきます。

 

想像力と言えば、イマジナリーフレンドってご存知でしょうか?

イマジナリーフレンドとは、目に見えない空想の友達のこと。

こう言うと、不思議な力の様に思ってしまいますが…(^^;;

幼少期によくある現象なのだそう(╹◡╹)

自分だけに見える友達がいたり、ぬいぐるみなどと会話ができたりすることは、3歳から7歳の子どもの約

半数に経験がある、という北米の研究結果もあります。

大人になっても、何かに助けられた、とか教えられた、と言う経験ってありますよね(^^)

イマジナリーフレンドは、困ったときの子どもの心を支え、助けてくれる存在なんだそう(o^^o)

いつかひとりでも大丈夫だと思えたときに、その存在はそっと消えていくみたいです。

素敵…( ◠‿◠ )

もし、こういう話を子どもがしてきた時、否定するような事を言ってしまって、子ども達の心を傷つけてしまわないようにする事が大切ですよね(*^^*)

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを心がけています。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

関連記事

自然にイマジネーションが膨らむ

ピアノを演奏する時にとても大切なこと。 「自分がどう表現したいのか?」 ピアノ演奏には、

記事を読む

自分で決める事の大切さ

練習をやる気になる方法その1、その2、その3で書きましたが、 グリュックピアノ教室では、ピアノ

記事を読む

子ども達ってやっぱりすごい!

秋ですね〜 セミの声が聞こえなくなり、夕方に秋の虫が鳴きだしました〜 季節を肌で感じるこ

記事を読む

明けましておめでとうございます^o^

明けましておめでとうございます( ^∀^) 今年もあっという間に明けてしまいました〜 年

記事を読む

なぜ発表会が大切なのか

『発表会』 ピアノ教室のメインイベントですよね(^O^) 自分の得意なピアノで誰かを感動

記事を読む

連弾で学べること

連弾。 コラボでは、相手に合わせる、つまり、調和が大切です。 調和が取れていないと、バラ

記事を読む

男の子のレッスン

K君、まだ3歳になったばかりの男の子。 絵本が大好きで、絵本の弾き語りの時は、じ〜っと聞き入っ

記事を読む

真似っこで表現力アップ

先月からレッスンを開始したHちゃん。 想像力も表現力も豊かな4歳になったばかりの女の子。

記事を読む

感覚、センスを磨く

センスが良いとは… センスとは感覚のこと。 つまりセンスが良いとは、感覚が優れているとい

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑