子ども達に接するとき

公開日: : 最終更新日:2017/01/09 ピアノレッスン, 幼児教育

Hちゃん。

想像力も表現力も豊かな5歳の女の子。

img_0717

いつもとっても元気で、保育園で覚えた歌などを披露してくれるんです(^^)

でも、この間、珍しく元気がなくて…(^^;;

ピアノのレッスンをしている間に元気になってくれて、終わったら、また元の元気なHちゃんに戻ってくれ

るのですが、また次の週も、最初は元気がなく…(´・_・`)

その次の週も…

お母さんにお聞きしたら、保育園での音楽発表会の練習が、結構厳しいらしくて…

なんか心配になってしまいましたが…>_<

その行事が終わったら、また元の元気なHちゃんに戻っていたので、安心しました〜(╹◡╹)

子ども達に接する時、厳し過ぎるのは、その子が萎縮してしまいます。

かと言って、甘過ぎてもいけませんよね。

真ん中が良いんですよね^o^

仏教的に言うと、中道です。

中道の意味は、「一方にかたよらない穏当な考え方・やり方。中正な道。」を意味するのだそう( ◠‿◠ )

人生、何事にも中道が大切なのかな〜と…

子ども達に接するときも、正にこの中道が大切です。

と言っても、なかなか叱るのって難しいですよね(^^;;

やはり、感情的にならずに叱ること。

つまり、その子の為に!が大切です^ ^

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを心がけています(^-^)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

お待ちしています( ^∀^)

 

 

 

 

関連記事

繊細な感性を養う

ピアノレッスンはピアノに向かって弾くことだけだと思われがちです。 でも、特に好奇心旺盛な小さな

記事を読む

音楽の様に絵本を作る絵本作家

「音楽の様に絵本を作る」 色彩の魔術師と言われる、ブライアン・ワイルド・スミス。 本当に

記事を読む

指先を使う事は何故良いのか

大人の生徒さん、Tさん。 クラシック音楽が大好きな、70代の女性です。 高校生の頃に学校

記事を読む

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

解ってしまうってすご〜い!!

今日は、曲をアレンジし過ぎて失敗?と言うか、怒らせてしまったお話を書こうと 思います。

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

絵本+音楽=表現力

グリュックピアノ教室で、みんな大好きなピアノ演奏付き絵本の読み聞かせ。 絵本と言えば幼児期の物

記事を読む

絵本を取り入れたレッスンで身につく事は

グリュックピアノ教室では、絵画のような、大人が見ても綺麗な絵本を取り入れた ピアノレッスンをし

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

怒ってはいけない理由

ピアノのレッスンは約45分~1時間弱、 週に1回のこの時間、短いな~っていつも感じます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑