子ども達に接するとき

公開日: : 最終更新日:2017/01/09 ピアノレッスン, 幼児教育

Hちゃん。

想像力も表現力も豊かな5歳の女の子。

img_0717

いつもとっても元気で、保育園で覚えた歌などを披露してくれるんです(^^)

でも、この間、珍しく元気がなくて…(^^;;

ピアノのレッスンをしている間に元気になってくれて、終わったら、また元の元気なHちゃんに戻ってくれ

るのですが、また次の週も、最初は元気がなく…(´・_・`)

その次の週も…

お母さんにお聞きしたら、保育園での音楽発表会の練習が、結構厳しいらしくて…

なんか心配になってしまいましたが…>_<

その行事が終わったら、また元の元気なHちゃんに戻っていたので、安心しました〜(╹◡╹)

子ども達に接する時、厳し過ぎるのは、その子が萎縮してしまいます。

かと言って、甘過ぎてもいけませんよね。

真ん中が良いんですよね^o^

仏教的に言うと、中道です。

中道の意味は、「一方にかたよらない穏当な考え方・やり方。中正な道。」を意味するのだそう( ◠‿◠ )

人生、何事にも中道が大切なのかな〜と…

子ども達に接するときも、正にこの中道が大切です。

と言っても、なかなか叱るのって難しいですよね(^^;;

やはり、感情的にならずに叱ること。

つまり、その子の為に!が大切です^ ^

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを心がけています(^-^)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

お待ちしています( ^∀^)

 

 

 

 

関連記事

表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか? リズムはメトロノームで! とか強弱な

記事を読む

レッスンに重要な教本選び

<小さい頃、ピアノを習っていたのに、大人になってヘ音記号が読めない> 残念ながら、よく聞くお話

記事を読む

簡単に作曲、即興が出来るコツとは

作曲や即興と言うと難しく聞こえるかもしれません。 でも、少しメロディーを作ったら、それはもう作

記事を読む

音楽がリアル感を増す

3歳のK君。 感受性豊かな男の子。(^∇^) 絵本の弾き語りが大好き。 レッスンで

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

習い事の意味とは

習い事。 お母さんの立場に立った時、たくさんある習い事の中で、お子さんに合う事を探すのは、悩む

記事を読む

子ども達ってやっぱりすごい!

秋ですね〜 セミの声が聞こえなくなり、夕方に秋の虫が鳴きだしました〜 季節を肌で感じるこ

記事を読む

自立心を育てる

自立心を育てることに必要な事とは… 自分で考えて、やり遂げることを数多く体験させてあげること。

記事を読む

努力が習慣になる

努力。 大人になると、必要と分かっているけど、苦手な事は億劫になりがちです。 でも、努力

記事を読む

調号を簡単に覚える方法Part2

今日は、調号を簡単に覚える方法のPart2です。 前回、調号を簡単に覚える方法で、#(シャープ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑