手首の脱力、オバケの手!とは

公開日: : 出張ピアノ教室, 練習方法

以前に、綺麗な音で演奏出来るようになる秘訣、の所で書きましたが、

グリュックピアノ教室では、幼児期の初歩の頃から、音を綺麗に弾く事が大事だと考

えています。

では、音を綺麗に弾く事で一番大事なのは…

それは  手首の脱力です。

これを子ども達にわかりやすく言う方法は…

オバケの手!です。

 

image

 

幼児期の生徒さんは、オバケの手!と言うと、みんな喜んで、綺麗な形のオバケポーズ

で、鍵盤に手を置いてくれます。

演奏していて、手首が硬くなってきたかな?という時に、オバケの手!

これで手首が脱力されます。

手首を少し、持ち上げてあげるのも効果があります。

この手首の脱力は、硬い癖がついてしまうと、なかなか柔らかくならないので、

初歩の頃からオバケの手!です。(^o^)

脱力がしっかり出来ていると、その後に指を丸めて弾く時、

これは猫ちゃんの手!と言っていますが、その時にも手首が硬くなりにくいんです。

初歩の頃は、手首の脱力や、鍵盤から指を離さないなど、小さいお子様には難しい

事が、色々あります。

でも、初歩の頃だからこそ習得しておいた方が良い、と思います。

その時に、難しい説明ではなく、子ども達に分かりやすく、遊び感覚で出来るように

することで、楽しみながら学ぶことが出来ます。V(^_^)V

グリュックピアノ教室では、難しいことでも、楽しんで学べるレッスンを心掛けてい

ます。

吹田市、豊中市にお住まいで、出張ピアノ教室にご興味のある方、お気軽にお問い合

わせ下さいね(*^_^*)

 

 

関連記事

季節を感じ、表現力へ

季節を感じる事は表現力を高めます。 グリュックピアノ教室の生徒さん達、みんな大好きな絵本の音楽

記事を読む

自分で決める事の大切さ

練習をやる気になる方法その1、その2、その3で書きましたが、 グリュックピアノ教室では、ピアノ

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

ピアノ教師の存在

グリュックピアノ教室の生徒さんは、1歳7ヶ月のお子様から、80歳の大人の方まで。 Tさんは、先

記事を読む

性格に応じたレッスン方法

昨日、可愛い姉妹、小学校6年生のYちゃんと1年生のKちゃんの体験レッスンでした。^ ^ お母さ

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

リズム感が良くなる方法

以前にリズム感は後天的に 身につく、と書きました。 リズム感はピアノ以外でも必要ですよね^o^

記事を読む

上達にも繫がる信頼関係

3歳のMちゃん、下の赤ちゃんが産まれて4ヶ月、今、赤ちゃん返り中なのですが… 保育園で

記事を読む

何故、絵本が暗記力アップに繋がるのか

グリュックピアノ教室では、表現力や暗譜力に繋がる、絵本を使ったピアノレッスン をしています。

記事を読む

子ども達が上達するコツ

ピアノ教室は他の習い事よりも、お家での練習が大事です。 でも「練習してきてね」だけではお家で練

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑