手首の脱力、オバケの手!とは

公開日: : 出張ピアノ教室, 練習方法

以前に、綺麗な音で演奏出来るようになる秘訣、の所で書きましたが、

グリュックピアノ教室では、幼児期の初歩の頃から、音を綺麗に弾く事が大事だと考

えています。

では、音を綺麗に弾く事で一番大事なのは…

それは  手首の脱力です。

これを子ども達にわかりやすく言う方法は…

オバケの手!です。

 

image

 

幼児期の生徒さんは、オバケの手!と言うと、みんな喜んで、綺麗な形のオバケポーズ

で、鍵盤に手を置いてくれます。

演奏していて、手首が硬くなってきたかな?という時に、オバケの手!

これで手首が脱力されます。

手首を少し、持ち上げてあげるのも効果があります。

この手首の脱力は、硬い癖がついてしまうと、なかなか柔らかくならないので、

初歩の頃からオバケの手!です。(^o^)

脱力がしっかり出来ていると、その後に指を丸めて弾く時、

これは猫ちゃんの手!と言っていますが、その時にも手首が硬くなりにくいんです。

初歩の頃は、手首の脱力や、鍵盤から指を離さないなど、小さいお子様には難しい

事が、色々あります。

でも、初歩の頃だからこそ習得しておいた方が良い、と思います。

その時に、難しい説明ではなく、子ども達に分かりやすく、遊び感覚で出来るように

することで、楽しみながら学ぶことが出来ます。V(^_^)V

グリュックピアノ教室では、難しいことでも、楽しんで学べるレッスンを心掛けてい

ます。

吹田市、豊中市にお住まいで、出張ピアノ教室にご興味のある方、お気軽にお問い合

わせ下さいね(*^_^*)

 

 

関連記事

幼い生徒さんのレッスンの秘訣

昨日は、4歳のみうちゃんと、妹のももちゃんのレッスンの日でした。 ももちゃんは、2歳なので、今

記事を読む

何故、絵本が暗記力アップに繋がるのか

グリュックピアノ教室では、表現力や暗譜力に繋がる、絵本を使ったピアノレッスン をしています。

記事を読む

子ども達の心に寄り添うピアノレッスンとは

5歳になったばかりのミウちゃんは、負けず嫌いで頑張り屋さん(*^_^*) 2つ違いの、

記事を読む

大人の方も楽しめるレッスンとは

大人の生徒さん。 70代のTさんは、ずっとピアノが習いたくて、リビングにピアノを置いたけれど、

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法2

この間、練習をしたくなる様に導く方法で、 宿題も楽しめる様に。 ピアノのを練習したくなるような環

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

幼児期だからこそ、身につけたいこと

幼児期の時間は、その時にしかない大切な時間です。 吸収力は、この頃が、80%以上と言われていま

記事を読む

見守る事の大切さ

私は朝はパン派です。パン好きで特に天然酵母パンが大好きです(*^_^*) 毎日ホームベーカリー

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法

ピアノを弾けるようになる為には、楽譜を読めるようにならなければいけません。 当たり前でしょって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑