幼児期にしか身につかないこと、それは…

公開日: : 幼児教育, 絶対音感

私の父も母も音楽好きで、私がお腹にいる時から、クラシックやポピュラーなど

色んな音楽を聞かせてくれていました。

妹もそのおかげか、絶対音感とまではいかないですが、耳が良いんですよね。

妹は練習があまり好きではなく…(^_^;)

小学校高学年でピアノをやめてしまいましたが、

色んな音楽が大好きで、うんちく語ってます( ̄▽ ̄)

落ち込んでいる時はこういう曲!  ノリノリになりたい時はこれ!  などなど

音楽に助けられているようです。

時々、好きな曲を探り弾きも、しています。

探り弾きで、ガクッ  となることはありますが…σ(^_^;)

弾いている調は、必ず合っています。

この耳の良さは、幼児期に、ピアノを習っていたこともありますが、家の中で常に

音楽が流れていたことが、とても影響していると思います。(父、母に感謝(*^o^*)

やはり、幼児期の吸収力はすごいですね〜(≧∇≦)

その幼児期にしかつけられない!と言われているもの、それは…

image

 

絶対音感です。

絶対音感とは…

音を聴くと、すべてをドレミで答えることができること、を言います

音楽で自己表現することが簡単になる、つまり「作曲ができるようになる」というこ

とです。

すべて頭の中で音が形として見える状態になるので、鼻歌でメロディーを考えたもの

が、瞬間的に楽譜に直せるようになります。そうすると、純粋に作曲することを楽し

めるようになるようです。

即興で曲をアレンジすることも、耳コピも、簡単にできるようになります。

「アインシュタイン・ファクター」という本には、初見で楽譜を読む訓練や絶対音感

がつく訓練によって、IQが永続的に10ポイント上げられる、と書かれているそう

です。

音楽家になっても、ならなくても、勉強にも必要な能力がつく、ということですね。

絶対音感は、レッスンと毎日の練習で、ほとんどの子ども達が身につけることが出来

ます。(^.^)

グリュックピアノ教室では、この春から、6歳半までのお子様の、絶対音感コース

始めました。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいね

お待ちしています〜(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

関連記事

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

創造力を養う秘訣

作曲、と言うと大人の方は難しく考えてしまいます。 でも適当に、鼻歌を歌うのも作曲です。

記事を読む

縦割りの良さとは

幼児教育でも、色んな教育方針の園がありますが、その中で、縦割りクラス。 異年齢混合の縦割りクラ

記事を読む

モチベーションを持続させる秘訣とは

ピアノレッスンで、モチベーションを持続して貰うには… 達成感を感じとれる経験が出来るように、工

記事を読む

やり遂げる力を養う

モンテッソーリ教育。 私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だ

記事を読む

子ども達に接するとき

Hちゃん。 想像力も表現力も豊かな5歳の女の子。 いつもとっても元気で、保育園で

記事を読む

努力が習慣になる

努力。 大人になると、必要と分かっているけど、苦手な事は億劫になりがちです。 でも、努力

記事を読む

怒ってはいけない理由

ピアノのレッスンは約45分~1時間弱、 週に1回のこの時間、短いな~っていつも感じます。

記事を読む

情操教育とは…

ピアノを習うことは情操教育の一環と言われています。 では「情操を教育する」、とはどういう事なの

記事を読む

興味から豊かな感性へ

グリュックピアノ教室の生徒さんは、みんな絵本の弾き語りが大好きです。 絵本の弾き語りとは、ピア

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑