短い集中力に秘められたパワー

昨日、「子ども達の集中力を持たせる方法」で、

幼児期のお子様の短い集中力を、色んな方面から、飽きないようにレッスンすること

を書きました。

今日は、その短いと思われている集中力が、実はすごいパワーを持っていることを

書きたいと思います。

集中力が短い、と思われているその裏には…

一瞬、一瞬の集中力が強い!ということが言えます。

つまり、そのことを良い方向に伸ばしてあげることで、本番に強い子になる、

ここぞという時に、自分の力を発揮出来るようになる、と思うのです。

小学校高学年くらいになると、回りを気にしたり、あがってしまうなど、感情が出て

きてしまい、そのことで、集中力が切れてしまう事もありますが…

まず、幼児期の短い、強い一瞬の集中力を大事に考えてあげることが、大切だと思い

ます。

では、強い集中力とはどのような状態なのか…

一瞬で、自分の世界に入り込むことが出来ること、なのではないかな~と思います。

4歳のNちゃんは、お母様のご要望で、レッスン時間が1時間15分です。(他の生徒

さんは通常、45分~50分です。)

1つのことが、少しでも長くなると、集中力が切れてしまうのですが、一瞬の集中力

がとても強い生徒さんです。(^∇^)

特に、絵本の弾き語り(ピアノ演奏しながらの絵本の読み聞かせ)は、集中して、入

り込んで聴いてくれます。(^ ^)

この間も、ちびとらちゃんの絵本を興味津々に、見ていました。

image

絵本の後、リトミック的な事、歌、リズムの練習、絶対音感の旗揚げ、などなど…

1つ1つ集中して、あっという間の1時間15分です。

お母様いわく、もう4歳にして本番に強く、初めてのバレエの発表会で、前の日とは

打って変わって、パ-フェクトだったそうです(*^o^*)

 

グリュックピアノ教室では、子ども達の短いではなく、一瞬の強い集中力に着目して

います。

そのことを伸ばすことが出来る、絵本を取り入れたレッスンをしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さ

いね。v(^_^v)♪

関連記事

練習がしたくなる様に導く方法2

この間、練習をしたくなる様に導く方法で、 宿題も楽しめる様に。 ピアノのを練習したくなるような環

記事を読む

幼児期にしか身につかないこと、それは…

私の父も母も音楽好きで、私がお腹にいる時から、クラシックやポピュラーなど 色んな音楽を聞かせて

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

音楽の様に絵本を作る絵本作家

「音楽の様に絵本を作る」 色彩の魔術師と言われる、ブライアン・ワイルド・スミス。 本当に

記事を読む

レッスンに重要な教本選び

<小さい頃、ピアノを習っていたのに、大人になってヘ音記号が読めない> 残念ながら、よく聞くお話

記事を読む

得意な曲を最初に弾く事が大切な理由

レッスンの時、練習がよく出来た曲、好きな曲、などから弾いて貰うことは、大事な事だと思います。

記事を読む

個性を伸ばす

子ども達には、みんなそれぞれ拘りがあります。 このこだわりに気付き、伸ばしてあげる事が、その子

記事を読む

怒ってはいけない理由

ピアノのレッスンは約45分~1時間弱、 週に1回のこの時間、短いな~っていつも感じます。

記事を読む

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

縦割りの良さとは

幼児教育でも、色んな教育方針の園がありますが、その中で、縦割りクラス。 異年齢混合の縦割りクラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑