子ども達ってやっぱりすごい!

公開日: : ピアノレッスン, 幼児教育

秋ですね〜

セミの声が聞こえなくなり、夕方に秋の虫が鳴きだしました〜

季節を肌で感じるこの季節に、自然を見ながらカフェするのって、癒されます〜

image

川西能勢のcafe soto です。

image

非日常を感じられて…

大好きなカフェです。

image

自然の音、木々のざわめきや、小鳥のさえずり、心が洗われる気がします〜

こういう時にα波が出てくるんですよね

一番α波が出る音は、川のせせらぎだそうです。

 

つまり、リラックスしている状態の時に出るんですね。

ノーベル賞受賞者の方たちは、このα波の状態の時に、素晴らしい研究の発想を得

た、と言われています。

α波の出ている時は、平常時以上のエネルギーを蓄え、いつでも何か出来る状態に

あるのです。

では、子ども達は…

0歳〜6歳までは、常にこの状態だそうです。

常にα波が出続けているという事は、いつでも集中出来る状態にある、って事ですよ

ね。

すごいですよね〜

以前に書きました、幼児期の集中力は短いのではなく、短時間で強い!ということ

がここでも分かりますよね。

特に、楽しいと思えること、興味のあることは、集中力が高まり吸収します。

つまり、ピアノレッスンでは、楽しいと思えるレッスン、知りたい!と興味の持てる

レッスンをしていくことで、子ども達は、次から次ぎへと吸収し、インプットしてい

ってくれるのだと思います。

グリュックピアノ教室は、楽しさが集中力に繋がる、絵本を取り入れたピアノ教室

です。

吹田市を中心に出張でレッスンしています。

下のお子様が小さい、お仕事でお忙しいお母様、障がいをお持ちのお子様など、

ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいねV(^_^)V

 

 

関連記事

表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか? リズムはメトロノームで! とか強弱な

記事を読む

リズムのコツ

リズム。 グリュックピアノ教室では、子ども達がリズムを分かり易く覚える事が出来るよう、色つき音

記事を読む

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

綺麗な音を奏でるためには

ピアノの演奏は、技術だけではありません。 聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

記事を読む

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

楽しく覚える方法とは

以前、「楽譜を形で覚える」の所で、和音の読み方について書きましたが、少し補足したいと思います。

記事を読む

音楽と数学の繋がり

楽譜を読むこと。 子ども達は、図形として形で見ることが得意です。 音符は連なっています。

記事を読む

曲を作る基本

グリュックピアノ教室では、作曲が出来る生徒さんが多いです。 初歩の頃に絵本の弾き語りを取り入れ

記事を読む

子ども達の集中力を持たせる方法とは

幼児期の子ども達の集中力は短い、とよく耳にしますが… 短いというのは  無い、とは違うのです。

記事を読む

子ども達が練習をやる気になる方法 その3

子ども達が練習をやる気になる方法   その3 その1    練習回数を、自分で決める その2  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑