怒ってはいけない理由

公開日: : 最終更新日:2014/10/16 ピアノレッスン, 幼児教育

ピアノのレッスンは約45分~1時間弱、

週に1回のこの時間、短いな~っていつも感じます。

image

ピアノレッスンは、ピアノを弾く楽しさ、音楽の素晴らしさを伝えていく事だけではないと思います。

心が形成される大事な時期に、子ども達と関わるわけですから…

 

その日のお子様の様子をよく見て、レッスンを進めていく必要がありますよね。

気になる事があったら、どんどんお母さんに聞くようにしています。

 

私は怒るのがとても苦手なんです。

子どもの頃に怒られて、良い思い出ってありますか?

怒られてレッスンして、帰ってきて練習する時に、絶対そのことを思い出すと思うんです。

それって楽しく練習出来るのかな~って。

私は、ピアノの先生には怒られたことがないのですが、

学校の先生の、ちょっとした誤解が原因で怒られて、学校から帰ってきて宿題をする

ときに、それを思い出していやな思いで、宿題をした経験があります。

かと言って、態度が少し悪かったり、汚い言葉を使ったりした生徒さんに、

言わなければいけない時は、諭すように、話します。

 

でも、<愛のムチ>って言う言葉があるように、

厳しく言わなければいけない時も、あるのかもしれませんが…σ(^_^;)

私が、以前勤めていたモンテッソ-リの保育園でも、声を荒げて怒るという先生は

いなかったですね。

1対1で、子ども達がちゃんとわかるように、話して聞かせていました。o(^_^)o

そして最も怒ってはいけない時期があります。

その時期とは…

赤ちゃん返りの時期です。(^^;;

3歳のMちゃん。

momo

妹のTちゃんが産まれて、只今、赤ちゃん返り真っただ中〜

何をするにもイヤイヤ〜(>_<)

この時期は、無理にレッスンしようと思っても逆効果。

試行錯誤しながらのレッスンです。^_−☆

子ども達との出会いも縁です。

大人になった時に、ピアノを習ってて良かった~、先生に出会えて良かった〜って

思って貰いたいですね。

グリュックピアノ教室は、吹田市を中心に、出張専門でレッスンしています。

関連記事

自分で決める事の大切さ

練習をやる気になる方法その1、その2、その3で書きましたが、 グリュックピアノ教室では、ピアノ

記事を読む

綺麗な音を奏でるためには

ピアノの演奏は、技術だけではありません。 聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

記事を読む

学力アップの基礎作り その1

読書が好きなお子様は、想像力が豊かです。 読書は、人の気持ちが理解出来るようになったり、集中力

記事を読む

子ども達の集中力を持たせる方法とは

幼児期の子ども達の集中力は短い、とよく耳にしますが… 短いというのは  無い、とは違うのです。

記事を読む

調号を簡単に覚える方法Part2

今日は、調号を簡単に覚える方法のPart2です。 前回、調号を簡単に覚える方法で、#(シャープ

記事を読む

子ども達ってやっぱりすごい!

秋ですね〜 セミの声が聞こえなくなり、夕方に秋の虫が鳴きだしました〜 季節を肌で感じるこ

記事を読む

連弾で学べること

連弾。 コラボでは、相手に合わせる、つまり、調和が大切です。 調和が取れていないと、バラ

記事を読む

コード奏法を速く覚えるコツとは

グリュックピアノ教室では、初歩の頃から、音名をドレミと共に、ABCで覚えてもらいます。 何故か

記事を読む

音楽の様に絵本を作る絵本作家

「音楽の様に絵本を作る」 色彩の魔術師と言われる、ブライアン・ワイルド・スミス。 本当に

記事を読む

リズム練習の特徴

演奏する前に大切なことは、色々ありますが、特に楽器演奏にはリズム感が必要です。 リズム感は生ま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑