表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか?

リズムはメトロノームで!

とか強弱なども書いてある通りに!と、正確さを求めるイメージが大きいですよね。

グリュックピアノ教室では、テクニックよりも先に表現力を!と考えています。

image

4歳のNちゃん。

リトミックの時も、歌を歌う時も、表現力いっぱいの生徒さんです。

 

日本のピアノ教育は、テクニック重視。

テクニックの後に、表現力、という場合が多いのですが、

ヨーロッパでは少し違います。

ヨーロッパでは、表現力が先です。

表現したいから、その表現のためにテクニックを身につける、という考え方です。

日本の先生は「音の粒を揃えて」、とか「リズムを正確に!」というアドバイスが多い

のですが、向こうの先生は、自然の景色に例えるなどの表現をされます。(*^^*)

例えば…

花の香りの様に、フワ〜っととか、風の吹き方のイメージとか…

想像力が働くアドバイスが多いです。^o^

大人でも、この様に言われると、イメージが湧いてきますよね。

もちろんテクニックも大事だし、そこの部分もきちんとレッスンしていきますが、

幼児期の頃は、想像力、創造力、芸術センス、などの吸収力が抜群です。

この時期にこそ、想像力が働く言葉かけが、表現力アップに繋がります。

そして、感性が豊かになる物を観る事や、聴く事がとても重要な事です。

グリュックピアノ教室では、美しい絵本を使ったレッスンで、表現力を重視し

豊かな音楽を奏でる事、豊かな心を育てることを目的に、レッスンしています。

美しい絵本を使ってレッスンすることは、表現力が自然に出てくるようになります。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね\(^o^)/

 

関連記事

習慣化で上達アップのコツとは

習慣化。 大人になって、何かを始めようと思った時、それを続ける事が困難な事があります。

記事を読む

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

子どもは大人の父である

レッスンで子ども達と接していると、なるほど〜と教えられる事が多々あります。 グリュックピアノ教

記事を読む

いつでも始められる音感教育とは

ヨーロッパのお店みたいだけど、実は京都です。   京都の今出川にある、

記事を読む

音楽がリアル感を増す

3歳のK君。 感受性豊かな男の子。(^∇^) 絵本の弾き語りが大好き。 レッスンで

記事を読む

体験レッスン(2歳11ヶ月のK君)

昨日は、8月で3歳になるK君の体験レッスンでした^o^ レッスンの日、楽しみに待ってくれていた

記事を読む

身は美しいとは

躾とは… 身は美しい、とかきます。 私の母は、私が22歳の時に天国に行っちゃったのですが

記事を読む

信念と頑固の違いとは…

新年おめでとうございます)^o^( 今年もよろしくお願い致します(^^) 同じしんねんで

記事を読む

年齢にあったピアノ教育

子供のためのコンクール。 レベルは色々ありますが、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールな

記事を読む

発表会

グリュックピアノ教室では、6月24日(日)に発表会を開催しました〜o(^-^)o

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑