表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか?

リズムはメトロノームで!

とか強弱なども書いてある通りに!と、正確さを求めるイメージが大きいですよね。

グリュックピアノ教室では、テクニックよりも先に表現力を!と考えています。

image

4歳のNちゃん。

リトミックの時も、歌を歌う時も、表現力いっぱいの生徒さんです。

 

日本のピアノ教育は、テクニック重視。

テクニックの後に、表現力、という場合が多いのですが、

ヨーロッパでは少し違います。

ヨーロッパでは、表現力が先です。

表現したいから、その表現のためにテクニックを身につける、という考え方です。

日本の先生は「音の粒を揃えて」、とか「リズムを正確に!」というアドバイスが多い

のですが、向こうの先生は、自然の景色に例えるなどの表現をされます。(*^^*)

例えば…

花の香りの様に、フワ〜っととか、風の吹き方のイメージとか…

想像力が働くアドバイスが多いです。^o^

大人でも、この様に言われると、イメージが湧いてきますよね。

もちろんテクニックも大事だし、そこの部分もきちんとレッスンしていきますが、

幼児期の頃は、想像力、創造力、芸術センス、などの吸収力が抜群です。

この時期にこそ、想像力が働く言葉かけが、表現力アップに繋がります。

そして、感性が豊かになる物を観る事や、聴く事がとても重要な事です。

グリュックピアノ教室では、美しい絵本を使ったレッスンで、表現力を重視し

豊かな音楽を奏でる事、豊かな心を育てることを目的に、レッスンしています。

美しい絵本を使ってレッスンすることは、表現力が自然に出てくるようになります。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね\(^o^)/

 

関連記事

大人と子どもの違い

大人と子どもは理解の仕方が違います。 音楽付き絵本の読み聞かせをしていても、子ども達の反応は、

記事を読む

イメージを音で表現すること

グリュックピアノ教室では、心で感じたり想ったりしたことを音で表現することを重要視しています。

記事を読む

自然にイマジネーションが膨らむ

ピアノを演奏する時にとても大切なこと。 「自分がどう表現したいのか?」 ピアノ演奏には、

記事を読む

情操教育とは…

ピアノを習うことは情操教育の一環と言われています。 では「情操を教育する」、とはどういう事なの

記事を読む

障がい児デイサービスでの1コマ

障がい児のデイサービスや、リトミックでよく使うフラフープ。 1、2歳から小学生まで、みんな大好

記事を読む

クリスマス会

週1回、障がい児のデイサービスに音楽遊びのレッスンに行っています。 昨日はそこのクリスマス会で

記事を読む

自立心を育てる

自立心を育てることに必要な事とは… 自分で考えて、やり遂げることを数多く体験させてあげること。

記事を読む

楽しく楽譜を読むコツ

いつも明るくて、ピアノを弾くのが大好きな、小学校1年生のKちゃん。 Kちゃんは、聞いた曲のメロ

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法2

この間、練習をしたくなる様に導く方法で、 宿題も楽しめる様に。 ピアノのを練習したくなるような環

記事を読む

年齢にあったピアノ教育

子供のためのコンクール。 レベルは色々ありますが、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑