表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか?

リズムはメトロノームで!

とか強弱なども書いてある通りに!と、正確さを求めるイメージが大きいですよね。

グリュックピアノ教室では、テクニックよりも先に表現力を!と考えています。

image

4歳のNちゃん。

リトミックの時も、歌を歌う時も、表現力いっぱいの生徒さんです。

 

日本のピアノ教育は、テクニック重視。

テクニックの後に、表現力、という場合が多いのですが、

ヨーロッパでは少し違います。

ヨーロッパでは、表現力が先です。

表現したいから、その表現のためにテクニックを身につける、という考え方です。

日本の先生は「音の粒を揃えて」、とか「リズムを正確に!」というアドバイスが多い

のですが、向こうの先生は、自然の景色に例えるなどの表現をされます。(*^^*)

例えば…

花の香りの様に、フワ〜っととか、風の吹き方のイメージとか…

想像力が働くアドバイスが多いです。^o^

大人でも、この様に言われると、イメージが湧いてきますよね。

もちろんテクニックも大事だし、そこの部分もきちんとレッスンしていきますが、

幼児期の頃は、想像力、創造力、芸術センス、などの吸収力が抜群です。

この時期にこそ、想像力が働く言葉かけが、表現力アップに繋がります。

そして、感性が豊かになる物を観る事や、聴く事がとても重要な事です。

グリュックピアノ教室では、美しい絵本を使ったレッスンで、表現力を重視し

豊かな音楽を奏でる事、豊かな心を育てることを目的に、レッスンしています。

美しい絵本を使ってレッスンすることは、表現力が自然に出てくるようになります。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね\(^o^)/

 

関連記事

弾きたい曲を弾く事の大切さ

ヨーロッパのピアニストが、コンサートのアンコールに選ぶ曲は… 「自分が弾きたい曲」です。

記事を読む

やり遂げる力を養う

モンテッソーリ教育。 私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だ

記事を読む

音楽用語は難しい??

音楽用語とは、作曲者が楽譜に記したメッセージ。 実際に作曲家が使われた意味とは、もしか

記事を読む

集中力をアップする方法とは

「音」には色んな表情があります。 悲しい、嬉しい、賑やか、静か、重い、軽いなどなど… 音

記事を読む

即興やアレンジに必要な事とは

グリュックピアノ教室では、子ども達に、楽譜通りに弾くだけではなく、アレンジや 即興などをして、

記事を読む

手の形が良くなるコツとは

昨日は4歳になったばかりのになちゃんのレッスンでした。 お家に行くと、1歳の弟のよし君が先にお

記事を読む

no image

ピアノを演奏することで何かが活性化する?

ピアノを演奏することで、身につくこと それは… 表現力が高まる、耳が良くなる、純粋な物に

記事を読む

学力アップの基礎作り その1

読書が好きなお子様は、想像力が豊かです。 読書は、人の気持ちが理解出来るようになったり、集中力

記事を読む

兄弟、姉妹のレッスン

昨日は、吹田市垂水町にお住まいの仲良し姉妹の、初めてのレッスンでした。 小学校6年生のYちゃん

記事を読む

音楽の様に絵本を作る絵本作家

「音楽の様に絵本を作る」 色彩の魔術師と言われる、ブライアン・ワイルド・スミス。 本当に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑