表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか?

リズムはメトロノームで!

とか強弱なども書いてある通りに!と、正確さを求めるイメージが大きいですよね。

グリュックピアノ教室では、テクニックよりも先に表現力を!と考えています。

image

4歳のNちゃん。

リトミックの時も、歌を歌う時も、表現力いっぱいの生徒さんです。

 

日本のピアノ教育は、テクニック重視。

テクニックの後に、表現力、という場合が多いのですが、

ヨーロッパでは少し違います。

ヨーロッパでは、表現力が先です。

表現したいから、その表現のためにテクニックを身につける、という考え方です。

日本の先生は「音の粒を揃えて」、とか「リズムを正確に!」というアドバイスが多い

のですが、向こうの先生は、自然の景色に例えるなどの表現をされます。(*^^*)

例えば…

花の香りの様に、フワ〜っととか、風の吹き方のイメージとか…

想像力が働くアドバイスが多いです。^o^

大人でも、この様に言われると、イメージが湧いてきますよね。

もちろんテクニックも大事だし、そこの部分もきちんとレッスンしていきますが、

幼児期の頃は、想像力、創造力、芸術センス、などの吸収力が抜群です。

この時期にこそ、想像力が働く言葉かけが、表現力アップに繋がります。

そして、感性が豊かになる物を観る事や、聴く事がとても重要な事です。

グリュックピアノ教室では、美しい絵本を使ったレッスンで、表現力を重視し

豊かな音楽を奏でる事、豊かな心を育てることを目的に、レッスンしています。

美しい絵本を使ってレッスンすることは、表現力が自然に出てくるようになります。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね\(^o^)/

 

関連記事

年齢にあったピアノ教育

子供のためのコンクール。 レベルは色々ありますが、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールな

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

レッスンの要

一番肝心な、要とも言える初歩のレッスン。 最初が肝心とよく言いますが、本当にそうだと思います。

記事を読む

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

音楽の様に絵本を作る絵本作家

「音楽の様に絵本を作る」 色彩の魔術師と言われる、ブライアン・ワイルド・スミス。 本当に

記事を読む

目標とは

何かを上達するには、良い師に巡り合うことが大切。 私の初めての先生は、声楽家の叔母の伴奏をして

記事を読む

真似っこで表現力アップ

先月からレッスンを開始したHちゃん。 想像力も表現力も豊かな4歳になったばかりの女の子。

記事を読む

障がい児デイサービスでの1コマ

障がい児のデイサービスや、リトミックでよく使うフラフープ。 1、2歳から小学生まで、みんな大好

記事を読む

仲良く、時には刺激も必要…

姉妹でレッスンを受けてくれている生徒さんが何組かいらっしゃいます。^o^ お姉ちゃんが最初に習

記事を読む

コード奏法を速く覚えるコツとは

グリュックピアノ教室では、初歩の頃から、音名をドレミと共に、ABCで覚えてもらいます。 何故か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑