綺麗な音を出す為に大切なことは

公開日: : 最終更新日:2014/11/26 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

いつもお手紙を書いてくれるKちゃん。

季節感のある、ドングリ付きのお手紙をくれました。

「ぜったいにピアノの先生になるね。」と書いてあります〜(*^◯^*)

 

kokoドングリ生徒さんからのお手紙はいつ貰っても嬉しいですね。( ´ ▽ ` )ノ

幼稚園の頃から、絵本の音楽付き読み聞かせが大好きで、最近、自分で選ぶ絵本も

綺麗な色彩の物を選ぶそう。

そして音も、すごく繊細な綺麗な音色で弾くんですよね。

この間、レッスンが終わってから、弟のカンちゃんが、不協和音のよーうな音で、

ピアノを弾いて遊んでいました。(ちょっと激しいジャズピアニストのように…)

(^◇^;)

そしたらKちゃん、耳が痛い〜って泣き出しちゃいました。

幼児さんの頃から、絵本の音楽付きの読み聞かせで、綺麗な音、重い音、悲しい音

などを聞き比べる力がついていること。

そして演奏する時、手首の脱力を使って、綺麗な音が出るように練習してきているの

で、感性が良くて、音に対して敏感なんです。(^o^)

グリュックピアノ教室では、綺麗な音を弾くことを、重要視しています。

いくら早く指が動いても、音色が綺麗でないと、良い演奏は出来ません。

その為には、表現力はもちろんですが、もう1つ、手首の脱力が、重要ポイント。

手首の脱力は、習い始めの初歩の頃にしておかないと、柔らかくなりにくいんです。

幼児期、小学校低学年の頃は、吸収力が抜群!

この時期についた表現力や芸術的な感性は、一生物です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ

下さいね。(^-^)/

 

 

 

関連記事

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

絵本を使ったピアノレッスンとは(動画付き)

グリュックピアノ教室では、絵本の弾き語りをレッスンに取り入れています。 絵本の弾き語りとは..

記事を読む

リンクする瞬間(読譜)

ピアノを弾く時に大切な楽譜を読むこと。 これは、大人の方でも苦手な人が多いです。f^_^;)

記事を読む

幼児期に必要なこと

幼児期〜児童期は、純粋で、真っ白な混じり気のない状態。(^^) この状態の時は、吸収力が凄いで

記事を読む

コード奏法の基本

グリュックピアノ教室では、バスティンの教本や、木村メソッドの教本を基本に使用しています。 木村

記事を読む

やり遂げる力を養う

モンテッソーリ教育。 私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だ

記事を読む

親の背を見て子は育つ

4月に年長さんになったIちゃん。 絵本が大好きで、表現力豊かなしっかり者の女の子。

記事を読む

音楽は心の処方箋

今日は、レストランで演奏の仕事でした。 こちらでは、誕生日と、ご結婚記念日の方に、リク

記事を読む

no image

子ども達の想像力 何でも本物??

子ども達は想像力が本当に豊かです。 まだ2歳のSちゃん。 レッスンの時、ぬいぐる

記事を読む

子ども達に接するとき

Hちゃん。 想像力も表現力も豊かな5歳の女の子。 いつもとっても元気で、保育園で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑