綺麗な音を出す為に大切なことは

公開日: : 最終更新日:2014/11/26 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

いつもお手紙を書いてくれるKちゃん。

季節感のある、ドングリ付きのお手紙をくれました。

「ぜったいにピアノの先生になるね。」と書いてあります〜(*^◯^*)

 

kokoドングリ生徒さんからのお手紙はいつ貰っても嬉しいですね。( ´ ▽ ` )ノ

幼稚園の頃から、絵本の音楽付き読み聞かせが大好きで、最近、自分で選ぶ絵本も

綺麗な色彩の物を選ぶそう。

そして音も、すごく繊細な綺麗な音色で弾くんですよね。

この間、レッスンが終わってから、弟のカンちゃんが、不協和音のよーうな音で、

ピアノを弾いて遊んでいました。(ちょっと激しいジャズピアニストのように…)

(^◇^;)

そしたらKちゃん、耳が痛い〜って泣き出しちゃいました。

幼児さんの頃から、絵本の音楽付きの読み聞かせで、綺麗な音、重い音、悲しい音

などを聞き比べる力がついていること。

そして演奏する時、手首の脱力を使って、綺麗な音が出るように練習してきているの

で、感性が良くて、音に対して敏感なんです。(^o^)

グリュックピアノ教室では、綺麗な音を弾くことを、重要視しています。

いくら早く指が動いても、音色が綺麗でないと、良い演奏は出来ません。

その為には、表現力はもちろんですが、もう1つ、手首の脱力が、重要ポイント。

手首の脱力は、習い始めの初歩の頃にしておかないと、柔らかくなりにくいんです。

幼児期、小学校低学年の頃は、吸収力が抜群!

この時期についた表現力や芸術的な感性は、一生物です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ

下さいね。(^-^)/

 

 

 

関連記事

感動する心が自然に育つ

感動する心。 音楽や絵画には、人を感動させる力があります(^^) いつも元気な3歳のNち

記事を読む

リズム感が良くなる方法

以前にリズム感は後天的に 身につく、と書きました。 リズム感はピアノ以外でも必要ですよね^o^

記事を読む

子ども達の健康とピアノの上達

今日は、子ども達の健康のお話。 オーストリアや他のヨーロッパに行くといつも思うのですが

記事を読む

簡単に作曲、即興が出来るコツとは

作曲や即興と言うと難しく聞こえるかもしれません。 でも、少しメロディーを作ったら、それはもう作

記事を読む

身は美しいとは

躾とは… 身は美しい、とかきます。 私の母は、私が22歳の時に天国に行っちゃったのですが

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法

ピアノのレッスンが他の習い事と違うのは、練習をしなければいけない、という事。 練習することが日

記事を読む

何故、表現力が大切なのか

ピアノ演奏に大切な表現力。 表現力豊かな、小学校2年生のKちゃん。 幼稚園の頃から音楽付

記事を読む

子どもは大人の父である

レッスンで子ども達と接していると、なるほど〜と教えられる事が多々あります。 グリュックピアノ教

記事を読む

音楽は心の処方箋

今日は、レストランで演奏の仕事でした。 こちらでは、誕生日と、ご結婚記念日の方に、リク

記事を読む

自信がつく魔法の言葉かけとは

5歳のTちゃん、この間は、きらきら星をとても上手に弾けました〜 花マル〜!! 「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑