綺麗な音を出す為に大切なことは

公開日: : 最終更新日:2014/11/26 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

いつもお手紙を書いてくれるKちゃん。

季節感のある、ドングリ付きのお手紙をくれました。

「ぜったいにピアノの先生になるね。」と書いてあります〜(*^◯^*)

 

kokoドングリ生徒さんからのお手紙はいつ貰っても嬉しいですね。( ´ ▽ ` )ノ

幼稚園の頃から、絵本の音楽付き読み聞かせが大好きで、最近、自分で選ぶ絵本も

綺麗な色彩の物を選ぶそう。

そして音も、すごく繊細な綺麗な音色で弾くんですよね。

この間、レッスンが終わってから、弟のカンちゃんが、不協和音のよーうな音で、

ピアノを弾いて遊んでいました。(ちょっと激しいジャズピアニストのように…)

(^◇^;)

そしたらKちゃん、耳が痛い〜って泣き出しちゃいました。

幼児さんの頃から、絵本の音楽付きの読み聞かせで、綺麗な音、重い音、悲しい音

などを聞き比べる力がついていること。

そして演奏する時、手首の脱力を使って、綺麗な音が出るように練習してきているの

で、感性が良くて、音に対して敏感なんです。(^o^)

グリュックピアノ教室では、綺麗な音を弾くことを、重要視しています。

いくら早く指が動いても、音色が綺麗でないと、良い演奏は出来ません。

その為には、表現力はもちろんですが、もう1つ、手首の脱力が、重要ポイント。

手首の脱力は、習い始めの初歩の頃にしておかないと、柔らかくなりにくいんです。

幼児期、小学校低学年の頃は、吸収力が抜群!

この時期についた表現力や芸術的な感性は、一生物です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ

下さいね。(^-^)/

 

 

 

関連記事

真似っこで表現力アップ

先月からレッスンを開始したHちゃん。 想像力も表現力も豊かな4歳になったばかりの女の子。

記事を読む

音楽は心を育てる

小学校3年生のKちゃんのお母さん、音楽好きな方なのでピアノだけしていれば、感性や表現力が育つ、と考え

記事を読む

タイミングを掴む

幼児のお子様をレッスンする時に、大切なことは沢山ありますが、レッスンを進めていく上で、ここだ!ってい

記事を読む

音楽と心の繋がり

グリュックピアノ教室は、楽しくをモットーとし、かつ技術的にもしっかり学んで 貰えるようなレッス

記事を読む

ピアノが楽しく弾けるようになる秘訣

この間、ピアノレッスンを楽しくするポイントとは、というタイトルで、幼児期から 小学校高学年や、

記事を読む

音楽性を引き出す

幼児期の子ども達、色んなタイプの子がいます(o^^o) 言いたい事を言える子と、言えない子。

記事を読む

ピアノを弾くことで性格が分かる

体験レッスンで初めて合う子ども達。 恥ずかしがり屋さんで人見知りの子や、人懐っこい子、色んな性

記事を読む

身は美しいとは

躾とは… 身は美しい、とかきます。 私の母は、私が22歳の時に天国に行っちゃったのですが

記事を読む

楽しく覚える方法とは

以前、「楽譜を形で覚える」の所で、和音の読み方について書きましたが、少し補足したいと思います。

記事を読む

リンクする瞬間(読譜)

ピアノを弾く時に大切な楽譜を読むこと。 これは、大人の方でも苦手な人が多いです。f^_^;)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑