子ども達のお手本とは

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 ピアノレッスン, 出張ピアノ教室

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。

レッスンしていると、本当にそうだな〜と思います。

説明するよりも、弾いて見せた方が、子ども達はすぐ理解出来ます。

新しい曲を弾く時は、自分の力で譜を読む方が良いので、模倣は適しませんが、

手首の脱力や技術的なことなどは、真似が上手な子ども達は、すぐに覚えてくれます。

弾いて見せると、すぐに弾ける、5歳のMちゃん。(^∇^)

image

ちょっぴり負けず嫌いで、新しい曲に取りかかる時は、ちょっと大変です。

でも、弾けるようになると、自身を持って弾いてくれるので、これからが楽しみですね。( ´ ▽ ` )ノ

その本の続きには、

「お手本とする人を、丸ごと吸収してしまいます。」と…

自分の教室の発表会の時は、あまり自覚がないのですが、他のピアノ教室の発表会で、生徒さんの演奏を聞いた時、それが分かる気がします。

弾き方、表現の仕方などが、先生にそっくりですものね。

 

imageimageいつも、お手紙を書いてくれる、小学校2年生のKちゃん。

大人になったら、絶対にピアノの先生になるね!と書いてくれました。

嬉しいですね〜(⌒▽⌒)

私達ピアノ教師はお手本。

お手本という事は、常に見られているということ…

背すじが延びる思いがします。

お家ではお父さん、お母さんがお手本ですねよ。

こう考えると、大人は子ども達に、自分を磨くように、鍛えられているのかもしれませんね。(^.^)

グリュックピアノ教室は、出張専門のピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。(o^^o)

 

 

 

関連記事

絵本を取り入れたレッスンで身につく事は

グリュックピアノ教室では、絵画のような、大人が見ても綺麗な絵本を取り入れた ピアノレッスンをし

記事を読む

自然に音楽と繋がる

姉妹や兄弟でレッスンさせて頂いてる生徒さんが、何組かいらっしゃいます^ ^ 年が離れている姉妹

記事を読む

感覚を育てるレッスン

『季節感の大切さ』 ホテルやレストランでの演奏、リトミックや、デイサービスでの音楽ネタ、レッス

記事を読む

音楽用語は難しい??

音楽用語とは、作曲者が楽譜に記したメッセージ。 実際に作曲家が使われた意味とは、もしか

記事を読む

体験レッスン(2歳11ヶ月のK君)

昨日は、8月で3歳になるK君の体験レッスンでした^o^ レッスンの日、楽しみに待ってくれていた

記事を読む

レッスンに必要なバランスとは

バランスが良い事は、何にでも必要ですよね(^^) 食事のバランス、栄養のバランス。 ピア

記事を読む

やっぱり名曲!

子ども達は幼い頃から綺麗なハーモニーが大好き^o^ 実は子どもっぽい曲ばかりが好きではないんで

記事を読む

繰り返す事の大切さ

子ども達は、同じ事を繰り返す事で覚える。 幼児期の絵本の読み聞かせなどもそうです。 お家

記事を読む

表現を引き出す言葉かけ

子ども達は、心の中に色んな表現を持っています。 レッスンでそれを引き出してあげることが

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑