Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

子ども達のお手本とは

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 ピアノレッスン, 出張ピアノ教室

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。

レッスンしていると、本当にそうだな〜と思います。

説明するよりも、弾いて見せた方が、子ども達はすぐ理解出来ます。

新しい曲を弾く時は、自分の力で譜を読む方が良いので、模倣は適しませんが、

手首の脱力や技術的なことなどは、真似が上手な子ども達は、すぐに覚えてくれます。

弾いて見せると、すぐに弾ける、5歳のMちゃん。(^∇^)

image

ちょっぴり負けず嫌いで、新しい曲に取りかかる時は、ちょっと大変です。

でも、弾けるようになると、自身を持って弾いてくれるので、これからが楽しみですね。( ´ ▽ ` )ノ

その本の続きには、

「お手本とする人を、丸ごと吸収してしまいます。」と…

自分の教室の発表会の時は、あまり自覚がないのですが、他のピアノ教室の発表会で、生徒さんの演奏を聞いた時、それが分かる気がします。

弾き方、表現の仕方などが、先生にそっくりですものね。

 

imageimageいつも、お手紙を書いてくれる、小学校2年生のKちゃん。

大人になったら、絶対にピアノの先生になるね!と書いてくれました。

嬉しいですね〜(⌒▽⌒)

私達ピアノ教師はお手本。

お手本という事は、常に見られているということ…

背すじが延びる思いがします。

お家ではお父さん、お母さんがお手本ですねよ。

こう考えると、大人は子ども達に、自分を磨くように、鍛えられているのかもしれませんね。(^.^)

グリュックピアノ教室は、出張専門のピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。(o^^o)

 

 

 

関連記事

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

上達にも繫がる信頼関係

3歳のMちゃん、下の赤ちゃんが産まれて4ヶ月、今、赤ちゃん返り中なのですが… 保育園で

記事を読む

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

オーストリアの素晴らしい楽譜

長い間、ブログが書けなくてすみませんでしたf^_^; オーストリアに行ってました〜(⌒

記事を読む

体験レッスン(3歳のYちゃん)

今日、3歳のYちゃんの体験レッスンに行って来ました。 グリュックピアノ教室が、いつもレッスンの

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

仲良く、時には刺激も必要…

姉妹でレッスンを受けてくれている生徒さんが何組かいらっしゃいます。^o^ お姉ちゃんが最初に習

記事を読む

ピアノが楽しく弾けるようになる秘訣

この間、ピアノレッスンを楽しくするポイントとは、というタイトルで、幼児期から 小学校高学年や、

記事を読む

出張レッスンの良さ

いつも可愛いお手紙をくれるKちゃん。   お母さんがお仕事で忙しいので

記事を読む

音楽と数学の繋がり

楽譜を読むこと。 子ども達は、図形として形で見ることが得意です。 音符は連なっています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑