個性を生かすレッスン

公開日: : 最終更新日:2015/04/27 ピアノレッスン, 出張ピアノ教室, 絵本を使ったレッスン

小学校2年生のKちゃん。

毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子。

中学校1年生のYちゃんと共に、3ヶ月前から出張でレッスンさせて頂いています。

お母さんはお仕事でとても忙しくされていて、お姉ちゃんのYちゃんはお母さん代わり。

とても仲良しで、微笑ましい姉妹です。

この写真は、仲良しのお友達と2人で。

かな2

お姉ちゃんのYちゃんに、髪の毛を結んで貰って、そっくり〜(*^◯^*)

 

Kちゃんは、聞いたメロディーをピアノで弾くのが大好き。(^O^)

自分の中に素敵な音楽感を持っています。

この音楽性を伸ばしてあげなければいけません。

Kちゃんは絵本を使ったレッスンが大好き。(o^^o)

「今日はどんな絵本?」といつも楽しみにしてくれています。

絵本の絵や物語りのイメージから、素敵なメロディーを作ってくれます。

 

ピアノを習う前は、楽譜を読むのを「イヤだ〜」と言っていたそうです。

お母さんもピアノを嫌いになって欲しくなくて、無理に譜読みをさせないようにしていたみたいなのですが…

今は、どんどん読めるようになってきています。^o^

読譜は、難しいという思いを持たないように、楽しみながら覚えていく事が大切ですね。

Kちゃんは、聞いた音をすぐ弾く事が大好きなので、レッスンの中でも、楽譜なしで知っている曲を弾く、という事もしています。

読譜力もつけながら、Kちゃんの中に持っている音楽が花開いてくれるように、レッスンしていく事が必要ですね。(^。^)

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ってレッスンしていく事を、心掛けています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいねp(^_^)q

 

 

 

関連記事

レッスンに重要な教本選び

<小さい頃、ピアノを習っていたのに、大人になってヘ音記号が読めない> 残念ながら、よく聞くお話

記事を読む

ピアノレッスンを楽しくするポイントとは

ピアノのレッスンで大事なことは… まず、楽しいな、と思って貰えるレッスンにするように、工夫する

記事を読む

即興やアレンジに必要な事とは

グリュックピアノ教室では、子ども達に、楽譜通りに弾くだけではなく、アレンジや 即興などをして、

記事を読む

コード奏法の基本

グリュックピアノ教室では、バスティンの教本や、木村メソッドの教本を基本に使用しています。 木村

記事を読む

相対音感とは…

今までに、絶対音感については、書きましたが… 今回は相対音感についてです。 一般的には、

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

子ども達の健康とピアノの上達

今日は、子ども達の健康のお話。 オーストリアや他のヨーロッパに行くといつも思うのですが

記事を読む

リズム感が良くなる方法

以前にリズム感は後天的に 身につく、と書きました。 リズム感はピアノ以外でも必要ですよね^o^

記事を読む

怒らない育児の誤解

褒め育て これはとても良いこと。 褒めることで子ども達の気力をアップさせます^ ^

記事を読む

曲を作る基本

グリュックピアノ教室では、作曲が出来る生徒さんが多いです。 初歩の頃に絵本の弾き語りを取り入れ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑