個性を生かすレッスン

公開日: : 最終更新日:2015/04/27 ピアノレッスン, 出張ピアノ教室, 絵本を使ったレッスン

小学校2年生のKちゃん。

毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子。

中学校1年生のYちゃんと共に、3ヶ月前から出張でレッスンさせて頂いています。

お母さんはお仕事でとても忙しくされていて、お姉ちゃんのYちゃんはお母さん代わり。

とても仲良しで、微笑ましい姉妹です。

この写真は、仲良しのお友達と2人で。

かな2

お姉ちゃんのYちゃんに、髪の毛を結んで貰って、そっくり〜(*^◯^*)

 

Kちゃんは、聞いたメロディーをピアノで弾くのが大好き。(^O^)

自分の中に素敵な音楽感を持っています。

この音楽性を伸ばしてあげなければいけません。

Kちゃんは絵本を使ったレッスンが大好き。(o^^o)

「今日はどんな絵本?」といつも楽しみにしてくれています。

絵本の絵や物語りのイメージから、素敵なメロディーを作ってくれます。

 

ピアノを習う前は、楽譜を読むのを「イヤだ〜」と言っていたそうです。

お母さんもピアノを嫌いになって欲しくなくて、無理に譜読みをさせないようにしていたみたいなのですが…

今は、どんどん読めるようになってきています。^o^

読譜は、難しいという思いを持たないように、楽しみながら覚えていく事が大切ですね。

Kちゃんは、聞いた音をすぐ弾く事が大好きなので、レッスンの中でも、楽譜なしで知っている曲を弾く、という事もしています。

読譜力もつけながら、Kちゃんの中に持っている音楽が花開いてくれるように、レッスンしていく事が必要ですね。(^。^)

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ってレッスンしていく事を、心掛けています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいねp(^_^)q

 

 

 

関連記事

音楽用語は難しい??

音楽用語とは、作曲者が楽譜に記したメッセージ。 実際に作曲家が使われた意味とは、もしか

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

大人の方も楽しめるレッスンとは

大人の生徒さん。 70代のTさんは、ずっとピアノが習いたくて、リビングにピアノを置いたけれど、

記事を読む

発表会

グリュックピアノ教室では、6月24日(日)に発表会を開催しました〜o(^-^)o

記事を読む

自然に音楽と繋がる

姉妹や兄弟でレッスンさせて頂いてる生徒さんが、何組かいらっしゃいます^ ^ 年が離れている姉妹

記事を読む

即興のコツとは

即興演奏 その場で、即興的に曲を創作して演奏すること。インプロビゼーション。 こう書くと

記事を読む

幼い生徒さんのレッスンの秘訣

昨日は、4歳のみうちゃんと、妹のももちゃんのレッスンの日でした。 ももちゃんは、2歳なので、今

記事を読む

コード奏法の基本

グリュックピアノ教室では、バスティンの教本や、木村メソッドの教本を基本に使用しています。 木村

記事を読む

純粋な感性

子どもたちには、それぞれ見方や感じ方に個性があります。 大人の感じ方は、偏ってしまっている場合

記事を読む

表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか? リズムはメトロノームで! とか強弱な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑