大人も子どもも真似っこ演奏で上達

公開日: : 最終更新日:2014/12/20 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

この間、「子ども達は真似の天才」と書きました。

これは、大人も子ども程ではありませんが、真似をすると覚え易いのです。

感覚的に物を覚えることが出来る人は、特に早いです。

何年か前の話ですが、私が、演奏しているレストランの店長さん。

ピアノを弾いた事がないのに、結婚式の日が奥様の誕生日で、その日にサプライズでhappybirthdayの曲を演奏したいと…( ´ ▽ ` )ノ

たまたまその時、そのお店のアルバイトの女の子にピアノレッスンしていたので、

その人に、閉店後、店長さんのレッスンをお願いしました。^o^

簡単だけど、ちょっとおしゃれに聞こえる伴奏をつけて、その女の子に、「ゆっくりと弾いて見せて、1フレーズずつ、覚えて貰ってね」と伝えました。^_−☆

感覚が鋭い店長さんは、すぐに覚えて、結婚式の日、見事、サプライズに成功しました〜(((o(*゚▽゚*)o)))

ゆっくりして見せることは、私がモンテッソーリ教育の園で勤めていた時に、学んだ事で、子ども達は、こうするとすぐに覚えてくれます。

大人も、子どもっぽい感覚、つまり頭で考えないで弾いてみると、案外早く弾ける様になるんです。image

子ども達も、大人の方も、楽譜を読めるまで、曲が弾けないピアノレッスンでは、楽しくありませんよね。

楽譜を読めるようになる事は、先々演奏する事に大切なことですが、それと同時に、

好きな曲を弾きたい!という気持ちの時に、弾けるようにならないと、せっかくのテンションが下がってしまったら、勿体無いですよね。

1曲弾けるようになる⇨今度は違う曲が弾きたい! ⇨楽譜が完璧に読めるようになりたい!

そうなってからの方が、早く楽譜が読めるようになります。

グリュックピアノ教室では、楽しいピアノレッスンで上手になる、をモットーにしています。

大人の方も、出張レッスンしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、真似っこ演奏、絵本を使ったレッスンなどにご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(*^o^*)

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

幼児期に必要なこと

幼児期〜児童期は、純粋で、真っ白な混じり気のない状態。(^^) この状態の時は、吸収力が凄いで

記事を読む

子ども達の集中力を持たせる方法とは

幼児期の子ども達の集中力は短い、とよく耳にしますが… 短いというのは  無い、とは違うのです。

記事を読む

情操教育とは…

ピアノを習うことは情操教育の一環と言われています。 では「情操を教育する」、とはどういう事なの

記事を読む

音楽付き読み聞かせの良さとは

保育士のMさん。 2月に保育園の発表会で、ちびとらちゃんの劇をします。 テーマ曲を最初に

記事を読む

感動する心を育てる為に

曲に感動する心を育てる。 これは音楽だけではなく、いろんな事に感動出来る、感受性豊かな子に育ち

記事を読む

親の背を見て子は育つ

4月に年長さんになったIちゃん。 絵本が大好きで、表現力豊かなしっかり者の女の子。

記事を読む

綺麗な音を奏でるためには

ピアノの演奏は、技術だけではありません。 聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

記事を読む

性格に応じたレッスン方法

昨日、可愛い姉妹、小学校6年生のYちゃんと1年生のKちゃんの体験レッスンでした。^ ^ お母さ

記事を読む

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑