綺麗な音を奏でるためには

公開日: : 最終更新日:2015/01/23 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

ピアノの演奏は、技術だけではありません。

聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

グリュックピアノ教室では、初歩の頃から綺麗な音で弾く事を、重要と考えています。

何でもそうですが、最初が肝心です。

子ども達は、吸収力が抜群。(^∇^)

綺麗な音はどんな音なのか、この時期にわかる事はとても大切だと思います。^o^

色んな音に気づくことは、聞く力を強くし、表現力もアップすることが出来ます。

グリュックピアノ教室が、毎回レッスンで行う、音楽付き絵本の読み聞かせ(ピアノを弾きながら絵本を読むこと)は、様々な音に気づく一番の近道だと考えています。

絵本の表現とその場面にあったメロディーを聞くことで、音の表情に気づくことが出来ます。

その事は、想像力、表現力アップはもちろん、綺麗な音を出せることにも繋っていきます。

 

私の大好きなアメリカのバイオリニスト、ジョシュアベルさん。

ジョシュアベル

かっこいい〜んです。(≧∇≦)

って音と関係ないやんって??

でもそんなことないんです。

もちろんルックスも超カッコいいですが、演奏している時の一生懸命な姿、美しい音色に吸い込まれます。(o^^o)

バイオリンって音がとてもわかりやすいんです。

私の妹(楽器は演奏出来ませんが、耳がすごく良い)も、ベルさんの音は違う!といっています。(⌒-⌒; )

人の心を動かす程の演奏が出来ることって、本当、素晴らしいです(o^^o)

 

グリュックピアノ教室では、綺麗な音、表現力、想像力などを重要と考え、レッスンに絵本を取り入れています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。(*^◯^*)

関連記事

好奇心をくすぐるレッスンとは

3歳のYちゃん。 レッスンし始めて、3ヶ月目。 1歳の弟のT君の面倒もよく見る、しっかり

記事を読む

相対音感とは…

今までに、絶対音感については、書きましたが… 今回は相対音感についてです。 一般的には、

記事を読む

メトロノームは演奏に必要?

メトロノーム。 楽曲のテンポを一定に保つ為の機械。 つまり、一定の間隔でリズムを刻んで音

記事を読む

音楽は心を育てる

小学校3年生のKちゃんのお母さん、音楽好きな方なのでピアノだけしていれば、感性や表現力が育つ、と考え

記事を読む

発表会前のレッスン

グリュックピアノ教室では、3月25日に、発表会を開催します(╹◡╹) 発表会まで、後僅か…(^

記事を読む

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

自然に音楽と繋がる

姉妹や兄弟でレッスンさせて頂いてる生徒さんが、何組かいらっしゃいます^ ^ 年が離れている姉妹

記事を読む

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

障がい児デイサービスで風船音楽リズム

デイサービスでは、リトミックでもよく使う、フラフープやボール、ハンカチ、風船 などなど…

記事を読む

自立心を育てる

自立心を育てることに必要な事とは… 自分で考えて、やり遂げることを数多く体験させてあげること。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑