綺麗な音を奏でるためには

公開日: : 最終更新日:2015/01/23 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

ピアノの演奏は、技術だけではありません。

聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

グリュックピアノ教室では、初歩の頃から綺麗な音で弾く事を、重要と考えています。

何でもそうですが、最初が肝心です。

子ども達は、吸収力が抜群。(^∇^)

綺麗な音はどんな音なのか、この時期にわかる事はとても大切だと思います。^o^

色んな音に気づくことは、聞く力を強くし、表現力もアップすることが出来ます。

グリュックピアノ教室が、毎回レッスンで行う、音楽付き絵本の読み聞かせ(ピアノを弾きながら絵本を読むこと)は、様々な音に気づく一番の近道だと考えています。

絵本の表現とその場面にあったメロディーを聞くことで、音の表情に気づくことが出来ます。

その事は、想像力、表現力アップはもちろん、綺麗な音を出せることにも繋っていきます。

 

私の大好きなアメリカのバイオリニスト、ジョシュアベルさん。

ジョシュアベル

かっこいい〜んです。(≧∇≦)

って音と関係ないやんって??

でもそんなことないんです。

もちろんルックスも超カッコいいですが、演奏している時の一生懸命な姿、美しい音色に吸い込まれます。(o^^o)

バイオリンって音がとてもわかりやすいんです。

私の妹(楽器は演奏出来ませんが、耳がすごく良い)も、ベルさんの音は違う!といっています。(⌒-⌒; )

人の心を動かす程の演奏が出来ることって、本当、素晴らしいです(o^^o)

 

グリュックピアノ教室では、綺麗な音、表現力、想像力などを重要と考え、レッスンに絵本を取り入れています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。(*^◯^*)

関連記事

調号を簡単に覚える方法

大人の方で、音楽は好きだけど楽譜を読むのは嫌い、という方が多い。 楽譜は難しいと思いこんでいる

記事を読む

メトロノームは演奏に必要?

メトロノーム。 楽曲のテンポを一定に保つ為の機械。 つまり、一定の間隔でリズムを刻んで音

記事を読む

オーストリアの素晴らしい楽譜

長い間、ブログが書けなくてすみませんでしたf^_^; オーストリアに行ってました〜(⌒

記事を読む

音楽性を引き出す

幼児期の子ども達、色んなタイプの子がいます(o^^o) 言いたい事を言える子と、言えない子。

記事を読む

集中力をアップする方法とは

「音」には色んな表情があります。 悲しい、嬉しい、賑やか、静か、重い、軽いなどなど… 音

記事を読む

個性が光る

発達障がいの男の子。 4歳になったばかりのN君。 レッスンを初めて、9ヶ月目。 慎

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

大人も子どもも真似っこ演奏で上達

この間、「子ども達は真似の天才」と書きました。 これは、大人も子ども程ではありませんが、真似を

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

吸収力の凄さ

“3歳”という年齢はとっても重要。 3歳までの過ごし方が、人生の土台を作るともいわれています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑