音階は難しい??

公開日: : 最終更新日:2015/06/19 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

音階とは、音の階段。

音がどのように上がっているのか…

音階は、ピタゴラスによって発見されました。

全音、全音、半音、全音、全音、全音、半音と上がっていきます。

これを聞いただけでも、数学的?  難しい? って言うイメージを持ってしまうかもしれません。

大人の方には不規則で難しいと感じるかもしれませんが…

子ども達の場合、視覚から入ることが大切です。

先ず、カラーマグネットで、色分けします。

そして、ワークでも全音は青のシール、半音は赤のシールを貼って並べて覚えていきます。

グリュックピアノ教室では、リズムカードも色分けされていて、長さの違うリズムカードを使っています。

カ-ド音符

全音符は、四角いケーキ全部なので、全音符。

ケーキを4人で分けるから4分音符、 2人で分けるから2分音符。

8人で分けると8分音符、と覚えていきます。

色分けや、長さの違いで、子ども達はすぐに覚えることが出来ます。

長さで覚えることで、算数の分数も、楽々。

小学校3年生のKちゃんは、学校で分数がでてきた時、ピアノで覚えてるから簡単に出来たよ!と言っていました。(⌒▽⌒)

 

4歳のIちゃん。

icica

習い始めてまだ、4ヶ月目。

色のリズムカードも、大きなホワイトボードの譜読みも大好きです。

でも一番好きなのは、音楽付き絵本の読み聞かせです。

この日、初見でリズム譜を真剣に読んでいる姿があまりに可愛くって、撮っちゃいました。(*^^*)

色んな事に興味があって、活発だけど、女の子らし〜い女の子。(^o^)/

新しい曲をどんどん弾きたいみたいです。

これからが楽しみです。o(^▽^)o

グリュックピアノ教室では、子ども達が覚え易い方法を工夫して、楽しくレッスンしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

 

関連記事

弾きたい曲を弾く事の大切さ

ヨーロッパのピアニストが、コンサートのアンコールに選ぶ曲は… 「自分が弾きたい曲」です。

記事を読む

性格に応じたレッスン方法

昨日、可愛い姉妹、小学校6年生のYちゃんと1年生のKちゃんの体験レッスンでした。^ ^ お母さ

記事を読む

子ども達の集中力を持たせる方法とは

幼児期の子ども達の集中力は短い、とよく耳にしますが… 短いというのは  無い、とは違うのです。

記事を読む

創造力を養う秘訣

作曲、と言うと大人の方は難しく考えてしまいます。 でも適当に、鼻歌を歌うのも作曲です。

記事を読む

個性が光る

発達障がいの男の子。 4歳になったばかりのN君。 レッスンを初めて、9ヶ月目。 慎

記事を読む

個性を伸ばす

子ども達には、みんなそれぞれ拘りがあります。 このこだわりに気付き、伸ばしてあげる事が、その子

記事を読む

ピアノが楽しく弾けるようになる秘訣

この間、ピアノレッスンを楽しくするポイントとは、というタイトルで、幼児期から 小学校高学年や、

記事を読む

モチベーションをアップさせる魔法の言葉とは

モチベーションをアップさせる↗︎↗︎↗︎ 「褒める」 この事は、皆さん実践されて

記事を読む

聴いて貰うことの大切さ

ピアノや楽器を演奏する時、第3者に聴いて貰うことは、とても大切です。 「練習の時は、弾けてたの

記事を読む

子どもの頃から本物を

今日は、お休みなので、京都のカフェでブログを書いています。 ここのカフェは本店が美味しいフレン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑