音階は難しい??

公開日: : 最終更新日:2015/06/19 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

音階とは、音の階段。

音がどのように上がっているのか…

音階は、ピタゴラスによって発見されました。

全音、全音、半音、全音、全音、全音、半音と上がっていきます。

これを聞いただけでも、数学的?  難しい? って言うイメージを持ってしまうかもしれません。

大人の方には不規則で難しいと感じるかもしれませんが…

子ども達の場合、視覚から入ることが大切です。

先ず、カラーマグネットで、色分けします。

そして、ワークでも全音は青のシール、半音は赤のシールを貼って並べて覚えていきます。

グリュックピアノ教室では、リズムカードも色分けされていて、長さの違うリズムカードを使っています。

カ-ド音符

全音符は、四角いケーキ全部なので、全音符。

ケーキを4人で分けるから4分音符、 2人で分けるから2分音符。

8人で分けると8分音符、と覚えていきます。

色分けや、長さの違いで、子ども達はすぐに覚えることが出来ます。

長さで覚えることで、算数の分数も、楽々。

小学校3年生のKちゃんは、学校で分数がでてきた時、ピアノで覚えてるから簡単に出来たよ!と言っていました。(⌒▽⌒)

 

4歳のIちゃん。

icica

習い始めてまだ、4ヶ月目。

色のリズムカードも、大きなホワイトボードの譜読みも大好きです。

でも一番好きなのは、音楽付き絵本の読み聞かせです。

この日、初見でリズム譜を真剣に読んでいる姿があまりに可愛くって、撮っちゃいました。(*^^*)

色んな事に興味があって、活発だけど、女の子らし〜い女の子。(^o^)/

新しい曲をどんどん弾きたいみたいです。

これからが楽しみです。o(^▽^)o

グリュックピアノ教室では、子ども達が覚え易い方法を工夫して、楽しくレッスンしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

 

関連記事

楽譜って難しい??

楽譜を読むことについて、今までにも色々書いてきました。 楽譜を読むことは、音符を読むことだけで

記事を読む

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

待つことは信じる事

3歳のSちゃん。 最近、急に指が動く様になって、どんどん上達してるんです(╹◡╹) Sち

記事を読む

感動する心を育てる為に

曲に感動する心を育てる。 これは音楽だけではなく、いろんな事に感動出来る、感受性豊かな子に育ち

記事を読む

子どもの頃から本物を

今日は、お休みなので、京都のカフェでブログを書いています。 ここのカフェは本店が美味しいフレン

記事を読む

自立の第1歩

自立とは… 人の手を借りないで、自分で何かをやり遂げること 子ども達には、大人がそれを促

記事を読む

何故、表現力が大切なのか

ピアノ演奏に大切な表現力。 表現力豊かな、小学校2年生のKちゃん。 幼稚園の頃から音楽付

記事を読む

幼児期に必要なこと

幼児期〜児童期は、純粋で、真っ白な混じり気のない状態。(^^) この状態の時は、吸収力が凄いで

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑