調号を簡単に覚える方法Part2

公開日: : 最終更新日:2015/06/22 ピアノレッスン

今日は、調号を簡単に覚える方法のPart2です。

前回、調号を簡単に覚える方法で、#(シャープ)、♭(フラット)のついている音。

どのような順番になっているのか、を書きました。

今日は、調号を見たら、何長調(何メジャー)か分かる方法を、書きたいと思います。

シャープは、ファ、ド、ソ、レ、ラ、ミ、シ、と順番にシャープが増えていきます。

フラットはシ、ミ、ラ、レ、ソ、ドと増えていきます。

では、その調号を見て、この調は何長調(何メジャー)ってすぐに分かる方法とは…

tyougou

シャープの場合は、1つでも2つでも、3つでも…

一番右端の♯を見ます。

それが、ファの♯なら半音上げた音が主音になる調です。

つまりト長調(Gメジャー)。

ファとドが♯なら、右端のド♯を見て、半音あげると、レ(D)なので…

この調は、二長調(Dメジャー)です。

 

次は、フラット(♭)。

フラットの場合は、調号に並んでいるシ、ミ、ラ、レ…   の右から2番目にある音を見ます。

フラットの時は、半音上げず、その音が主音の音です。(ヘ長調だけは例外)

つまり、シとミがフラットの場合、右から2番目のシ♭(B♭)が主音の音。

変ロ長調(B♭メジャー)となります。

文字で説明すると、分かりにくいかもしれませんが、カードや、ホワイトボードで覚えると、子ども達はすぐに覚えてくれます。

みんな好きなのは、変身!です。(⌒▽⌒)

カラーマグネットをカエルのマグネットに変えたり…

調号も、どの音が主音の音か変身!です。

ふよみ

グリュックピアノ教室は、楽しんで学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

関連記事

感覚を育てるレッスン

『季節感の大切さ』 ホテルやレストランでの演奏、リトミックや、デイサービスでの音楽ネタ、レッス

記事を読む

自立の第1歩

自立とは… 人の手を借りないで、自分で何かをやり遂げること 子ども達には、大人がそれを促

記事を読む

レッスンに重要な教本選び

<小さい頃、ピアノを習っていたのに、大人になってヘ音記号が読めない> 残念ながら、よく聞くお話

記事を読む

綺麗な音を出す為に大切なことは

いつもお手紙を書いてくれるKちゃん。 季節感のある、ドングリ付きのお手紙をくれました。

記事を読む

遊びから学ぶ

遊びから学ぶ 遊びは、想像力を育みます。 大人にとっては、遊びとは悪いイメージがあります

記事を読む

やっぱり名曲!

子ども達は幼い頃から綺麗なハーモニーが大好き^o^ 実は子どもっぽい曲ばかりが好きではないんで

記事を読む

親の背を見て子は育つ

4月に年長さんになったIちゃん。 絵本が大好きで、表現力豊かなしっかり者の女の子。

記事を読む

繊細な感性を養う

ピアノレッスンはピアノに向かって弾くことだけだと思われがちです。 でも、特に好奇心旺盛な小さな

記事を読む

綺麗な音を奏でるためには

ピアノの演奏は、技術だけではありません。 聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

記事を読む

男の子のレッスン

K君、まだ3歳になったばかりの男の子。 絵本が大好きで、絵本の弾き語りの時は、じ〜っと聞き入っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑