Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

習い事の意味とは

公開日: : 最終更新日:2016/09/08 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

習い事。

お母さんの立場に立った時、たくさんある習い事の中で、お子さんに合う事を探すのは、悩む事柄のひとつだと思います。

では、何故習い事をする事が大切なのか…

大切な事はたくさんありますが…

努力を覚える

子どもたちは習い事を通して「できない」ことに向き合い、努力する事の大切さを学びます。

他の事を知り始める際の起点となる。

つまり、子ども達が何か他の事柄に興味を持つときの、きっかけとなる可能性があります。

ピアノの場合、ピアノを弾く為のレッスンで、色んな事を学びます。

強弱の付け方、抑揚の付け方、リズム感、表現力、想像力。

グリュックピアノ教室では、表現力の元となる絵本を使ってレッスンするのですが、絵本と音楽のコラボは、表現力はもちろん、国語力にも繋がります。

拍子の理解は、数学に繋がります。

ピアノは学ぶ事が多いので、色んな事に繋がります。

他の習い事でもそうですが、吸収力の良いこの時期に身に付けたものは、直接何かの役に立たなくても、後々、その子の財産になります。

2年生のHちゃん。

image

スケートを習っていてすごく上手なんです (^-^)/

スケートは、努力をしないと滑れませんよね ^ ^

まだ、習い始めて間もないのですが、この間、お母さんに、「自分の好きな曲、モーツァルトとベートーベンの曲が弾ける様になるまでは、絶対にやめたくない!」と言っていたそうです(o^^o)

スケートの努力や想いが、ピアノにも反映されているんですよね〜(^∇^)

これからが楽しみです^o^

グリュックピアノ教室は、楽しく学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^ ^

 

 

 

関連記事

表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか? リズムはメトロノームで! とか強弱な

記事を読む

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

綺麗な音を奏でるためには

ピアノの演奏は、技術だけではありません。 聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

記事を読む

体験レッスン(2歳11ヶ月のK君)

昨日は、8月で3歳になるK君の体験レッスンでした^o^ レッスンの日、楽しみに待ってくれていた

記事を読む

感じる心から表現力へ

私は、夜、ホテルやレストランで演奏しています。 昨日は夏休み最後の日曜日、 ピアノのイス

記事を読む

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

調号を簡単に覚える方法

大人の方で、音楽は好きだけど楽譜を読むのは嫌い、という方が多い。 楽譜は難しいと思いこんでいる

記事を読む

感覚、センスを磨く

センスが良いとは… センスとは感覚のこと。 つまりセンスが良いとは、感覚が優れているとい

記事を読む

ピアノレッスンを楽しくするポイントとは

ピアノのレッスンで大事なことは… まず、楽しいな、と思って貰えるレッスンにするように、工夫する

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑