怒らない育児の誤解

公開日: : 最終更新日:2016/05/23 ピアノレッスン, 幼児教育

褒め育て

これはとても良いこと。

褒めることで子ども達の気力をアップさせます^ ^

でも、何でもかんでも褒める褒め方では、何故褒められたのか、分からなくなってしまいます。

出来なかった事を頑張ったから…思いやりがあったから…などきちんと説明して褒めてあげる必要があります。

8割褒めて、後の2割は…

丁寧に叱る

以前に叱ると怒るの違いの所で書いたのですが、怒る事は良くありません。

image

でも、叱ることは必要だと思います。

怒るではなく、叱る。

教えるように丁寧に叱る。

してはいけない事って、言ってあげれば子ども達はちゃんと理解します(o^^o)

三つ子の魂百まで

3歳までに、ダメな事は何故ダメなのか、感情で怒って言うのではなく、諭すように、教える事が大切ではないかと…

この間、生徒さんのお母様から聞いた話では、モンテッソーリの園に通っているお知り合いの方が、お子様に全く注意をしないとか…(^_^;)

これは少し違うのでは?

モンテッソーリ教育は、子どもの中の自発性を重んじる教育です。

姉妹の絵本

確かに怒らない育児ではあります。

でも、私が勤めていた園でもそうでしたが、怒らないけれども、注意はするし、本当に悪い事をした時は、1対1で丁寧に、静かに叱っていました。

叱られた事がない子は、その奥にある愛に気がつかないのではないかと思います。

怒るはただの感情、叱るは愛のある助言、全く別物だと思います。

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを心がけています^o^

吹田市、摂津市、豊中市にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせください^ ^

 

関連記事

no image

ピアノを演奏することで何かが活性化する?

ピアノを演奏することで、身につくこと それは… 表現力が高まる、耳が良くなる、純粋な物に

記事を読む

楽しく楽譜を読むコツ

いつも明るくて、ピアノを弾くのが大好きな、小学校1年生のKちゃん。 Kちゃんは、聞いた曲のメロ

記事を読む

遊びから学ぶ

遊びから学ぶ 遊びは、想像力を育みます。 大人にとっては、遊びとは悪いイメージがあります

記事を読む

表現力を引き出す力

表現力。 子ども達はみんな持っています。(^ ^)   表にすぐ

記事を読む

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

リンクする瞬間(読譜)

ピアノを弾く時に大切な楽譜を読むこと。 これは、大人の方でも苦手な人が多いです。f^_^;)

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法

ピアノのレッスンが他の習い事と違うのは、練習をしなければいけない、という事。 練習することが日

記事を読む

ピアノレッスンを楽しくするポイントとは

ピアノのレッスンで大事なことは… まず、楽しいな、と思って貰えるレッスンにするように、工夫する

記事を読む

感動する心が自然に育つ

感動する心。 音楽や絵画には、人を感動させる力があります(^^) いつも元気な3歳のNち

記事を読む

音楽がリアル感を増す

3歳のK君。 感受性豊かな男の子。(^∇^) 絵本の弾き語りが大好き。 レッスンで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑