怒らない育児の誤解

公開日: : 最終更新日:2016/05/23 ピアノレッスン, 幼児教育

褒め育て

これはとても良いこと。

褒めることで子ども達の気力をアップさせます^ ^

でも、何でもかんでも褒める褒め方では、何故褒められたのか、分からなくなってしまいます。

出来なかった事を頑張ったから…思いやりがあったから…などきちんと説明して褒めてあげる必要があります。

8割褒めて、後の2割は…

丁寧に叱る

以前に叱ると怒るの違いの所で書いたのですが、怒る事は良くありません。

image

でも、叱ることは必要だと思います。

怒るではなく、叱る。

教えるように丁寧に叱る。

してはいけない事って、言ってあげれば子ども達はちゃんと理解します(o^^o)

三つ子の魂百まで

3歳までに、ダメな事は何故ダメなのか、感情で怒って言うのではなく、諭すように、教える事が大切ではないかと…

この間、生徒さんのお母様から聞いた話では、モンテッソーリの園に通っているお知り合いの方が、お子様に全く注意をしないとか…(^_^;)

これは少し違うのでは?

モンテッソーリ教育は、子どもの中の自発性を重んじる教育です。

姉妹の絵本

確かに怒らない育児ではあります。

でも、私が勤めていた園でもそうでしたが、怒らないけれども、注意はするし、本当に悪い事をした時は、1対1で丁寧に、静かに叱っていました。

叱られた事がない子は、その奥にある愛に気がつかないのではないかと思います。

怒るはただの感情、叱るは愛のある助言、全く別物だと思います。

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを心がけています^o^

吹田市、摂津市、豊中市にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせください^ ^

 

関連記事

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

興味から豊かな感性へ

グリュックピアノ教室の生徒さんは、みんな絵本の弾き語りが大好きです。 絵本の弾き語りとは、ピア

記事を読む

感動する心を育てる為に

曲に感動する心を育てる。 これは音楽だけではなく、いろんな事に感動出来る、感受性豊かな子に育ち

記事を読む

相対音感とは…

今までに、絶対音感については、書きましたが… 今回は相対音感についてです。 一般的には、

記事を読む

創造力を養う秘訣

作曲、と言うと大人の方は難しく考えてしまいます。 でも適当に、鼻歌を歌うのも作曲です。

記事を読む

曲を作る基本

グリュックピアノ教室では、作曲が出来る生徒さんが多いです。 初歩の頃に絵本の弾き語りを取り入れ

記事を読む

感覚を育てるレッスン

『季節感の大切さ』 ホテルやレストランでの演奏、リトミックや、デイサービスでの音楽ネタ、レッス

記事を読む

待つことは信じる事

3歳のSちゃん。 最近、急に指が動く様になって、どんどん上達してるんです(╹◡╹) Sち

記事を読む

楽しく楽譜を読むコツ

いつも明るくて、ピアノを弾くのが大好きな、小学校1年生のKちゃん。 Kちゃんは、聞いた曲のメロ

記事を読む

好奇心をくすぐるレッスンとは

3歳のYちゃん。 レッスンし始めて、3ヶ月目。 1歳の弟のT君の面倒もよく見る、しっかり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑