怒らない育児の誤解

公開日: : 最終更新日:2016/05/23 ピアノレッスン, 幼児教育

褒め育て

これはとても良いこと。

褒めることで子ども達の気力をアップさせます^ ^

でも、何でもかんでも褒める褒め方では、何故褒められたのか、分からなくなってしまいます。

出来なかった事を頑張ったから…思いやりがあったから…などきちんと説明して褒めてあげる必要があります。

8割褒めて、後の2割は…

丁寧に叱る

以前に叱ると怒るの違いの所で書いたのですが、怒る事は良くありません。

image

でも、叱ることは必要だと思います。

怒るではなく、叱る。

教えるように丁寧に叱る。

してはいけない事って、言ってあげれば子ども達はちゃんと理解します(o^^o)

三つ子の魂百まで

3歳までに、ダメな事は何故ダメなのか、感情で怒って言うのではなく、諭すように、教える事が大切ではないかと…

この間、生徒さんのお母様から聞いた話では、モンテッソーリの園に通っているお知り合いの方が、お子様に全く注意をしないとか…(^_^;)

これは少し違うのでは?

モンテッソーリ教育は、子どもの中の自発性を重んじる教育です。

姉妹の絵本

確かに怒らない育児ではあります。

でも、私が勤めていた園でもそうでしたが、怒らないけれども、注意はするし、本当に悪い事をした時は、1対1で丁寧に、静かに叱っていました。

叱られた事がない子は、その奥にある愛に気がつかないのではないかと思います。

怒るはただの感情、叱るは愛のある助言、全く別物だと思います。

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを心がけています^o^

吹田市、摂津市、豊中市にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせください^ ^

 

関連記事

幼児期だからこそ、身につけたいこと

幼児期の時間は、その時にしかない大切な時間です。 吸収力は、この頃が、80%以上と言われていま

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

怒ってはいけない理由

ピアノのレッスンは約45分~1時間弱、 週に1回のこの時間、短いな~っていつも感じます。

記事を読む

指先を使う事は何故良いのか

大人の生徒さん、Tさん。 クラシック音楽が大好きな、70代の女性です。 高校生の頃に学校

記事を読む

季節を感じ、表現力へ

季節を感じる事は表現力を高めます。 グリュックピアノ教室の生徒さん達、みんな大好きな絵本の音楽

記事を読む

心の中に秘めた表現力

言葉で言えないことを、何かで表現するのって素敵ですよね。 ピアニストでシンガーソングライターの

記事を読む

人の心を動かすほどの表現力

ある本に、日本人はミスタッチを探し過ぎる傾向がある、と書かれていました。 以前に、即興で素敵な

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法2

この間、練習をしたくなる様に導く方法で、 宿題も楽しめる様に。 ピアノのを練習したくなるような環

記事を読む

即興のコツ Part2

以前、即興のコツは、子ども達のように真っ白な心で、イメージをそのまま表現すると書きました。 今

記事を読む

調号を簡単に覚える方法Part2

今日は、調号を簡単に覚える方法のPart2です。 前回、調号を簡単に覚える方法で、#(シャープ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑