Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

繊細な感性を養う

公開日: : 最終更新日:2016/04/06 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

ピアノレッスンはピアノに向かって弾くことだけだと思われがちです。

でも、特に好奇心旺盛な小さなお子様は、じっと座ってることが苦手。

グリュックピアノ教室では、色んな方面から音楽の基礎を学ぶことが大切、と考えています。

リズムは、ホワイトボードで大きなリズムカードを使って楽器を鳴らしながら、身体全体でリズムを取り入れます。

カ-ド音符

リズムも読譜も視覚から入ることで、早く覚える事が出来ます。

読譜の導入は、視覚にプラス早口言葉などで、楽しんで!

ふよみ

みんな大好きな絵本の音楽付き読み聞かせなど…

image

先月からレッスンを開始した、R君。

表現力豊かな4歳の男の子。

3歳の頃から「ピアノが習いたい!」と言っていたみたいです。

お母さんはスポーツがして欲しくて、「4歳になったらね〜」とほのめかしていたそう。

4歳になってから、「4歳になったからピアノ習う!」と。

意志の強さがすごいでしょ〜(⌒▽⌒)

ピアノの日はいつも、私が行くのを楽しみに待ってくれています(^ ^)

R君も音楽付き読み聞かせがだ〜い好き。

行くといきなり「絵本は、絵本は?」(o^^o)

絵本は、繊細な感性を養います。

そして後々に本好きになります。

本好きは、表現力、想像力も豊かになり、漢字も覚えます。

そして、物語の構成を理解することは、国語力にも繋がります。

天才音楽家のモーツァルトは、読書家だったそうです。

本を読みながら、イメージする音楽が流れていたのでは…

生まれ持っての天才ですが、本好きだったことも、素晴らしい音楽に繋がったのではないかと思います。

グリュックピアノ教室は、楽しんで学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^ ^)

関連記事

音階は難しい??

音階とは、音の階段。 音がどのように上がっているのか… 音階は、ピタゴラスによって発見さ

記事を読む

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

アコ-スティックの素敵な音色

アコースティックの楽器の音色は心に響きます。 ピアノも、ギタ-も、やっぱり、エレクトロニクスを

記事を読む

三つ子の魂百まで

三つ子の魂百まで 3歳ごろまでに受けた教育によって形成された性質・性格は、100歳になっても根

記事を読む

解ってしまうってすご〜い!!

今日は、曲をアレンジし過ぎて失敗?と言うか、怒らせてしまったお話を書こうと 思います。

記事を読む

弾きたい曲を弾く事の大切さ

ヨーロッパのピアニストが、コンサートのアンコールに選ぶ曲は… 「自分が弾きたい曲」です。

記事を読む

指と手首とタッチの関係

ピアノを弾く時に大切な指の動きについて。 ピアノを奏でる時に重要な、鍵盤を押さえるタッチのこと

記事を読む

学力アップの基礎作り その2

昨日、絵本を使ったピアノレッスンで、本好きになり、集中力や学力アップにも 繋がる、と書きました

記事を読む

自立心を育てる

自立心を育てることに必要な事とは… 自分で考えて、やり遂げることを数多く体験させてあげること。

記事を読む

連弾で学べること

連弾。 コラボでは、相手に合わせる、つまり、調和が大切です。 調和が取れていないと、バラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑