繊細な感性を養う

公開日: : 最終更新日:2016/04/06 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

ピアノレッスンはピアノに向かって弾くことだけだと思われがちです。

でも、特に好奇心旺盛な小さなお子様は、じっと座ってることが苦手。

グリュックピアノ教室では、色んな方面から音楽の基礎を学ぶことが大切、と考えています。

リズムは、ホワイトボードで大きなリズムカードを使って楽器を鳴らしながら、身体全体でリズムを取り入れます。

カ-ド音符

リズムも読譜も視覚から入ることで、早く覚える事が出来ます。

読譜の導入は、視覚にプラス早口言葉などで、楽しんで!

ふよみ

みんな大好きな絵本の音楽付き読み聞かせなど…

image

先月からレッスンを開始した、R君。

表現力豊かな4歳の男の子。

3歳の頃から「ピアノが習いたい!」と言っていたみたいです。

お母さんはスポーツがして欲しくて、「4歳になったらね〜」とほのめかしていたそう。

4歳になってから、「4歳になったからピアノ習う!」と。

意志の強さがすごいでしょ〜(⌒▽⌒)

ピアノの日はいつも、私が行くのを楽しみに待ってくれています(^ ^)

R君も音楽付き読み聞かせがだ〜い好き。

行くといきなり「絵本は、絵本は?」(o^^o)

絵本は、繊細な感性を養います。

そして後々に本好きになります。

本好きは、表現力、想像力も豊かになり、漢字も覚えます。

そして、物語の構成を理解することは、国語力にも繋がります。

天才音楽家のモーツァルトは、読書家だったそうです。

本を読みながら、イメージする音楽が流れていたのでは…

生まれ持っての天才ですが、本好きだったことも、素晴らしい音楽に繋がったのではないかと思います。

グリュックピアノ教室は、楽しんで学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^ ^)

関連記事

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

幼児さんのレッスンの進め方

4歳の生徒さんNちゃん、お家にお伺いした時は、お昼寝を途中でお越しちゃったみた いで、眠くて泣

記事を読む

リンクする瞬間(読譜)

ピアノを弾く時に大切な楽譜を読むこと。 これは、大人の方でも苦手な人が多いです。f^_^;)

記事を読む

障がい児デイサービスで風船音楽リズム

デイサービスでは、リトミックでもよく使う、フラフープやボール、ハンカチ、風船 などなど…

記事を読む

レッスンに必要なバランスとは

バランスが良い事は、何にでも必要ですよね(^^) 食事のバランス、栄養のバランス。 ピア

記事を読む

綺麗な音を出す為に大切なことは

いつもお手紙を書いてくれるKちゃん。 季節感のある、ドングリ付きのお手紙をくれました。

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

兄弟、姉妹のレッスン

昨日は、吹田市垂水町にお住まいの仲良し姉妹の、初めてのレッスンでした。 小学校6年生のYちゃん

記事を読む

調号を簡単に覚える方法Part2

今日は、調号を簡単に覚える方法のPart2です。 前回、調号を簡単に覚える方法で、#(シャープ

記事を読む

身は美しいとは

躾とは… 身は美しい、とかきます。 私の母は、私が22歳の時に天国に行っちゃったのですが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑