繊細な感性を養う

公開日: : 最終更新日:2016/04/06 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

ピアノレッスンはピアノに向かって弾くことだけだと思われがちです。

でも、特に好奇心旺盛な小さなお子様は、じっと座ってることが苦手。

グリュックピアノ教室では、色んな方面から音楽の基礎を学ぶことが大切、と考えています。

リズムは、ホワイトボードで大きなリズムカードを使って楽器を鳴らしながら、身体全体でリズムを取り入れます。

カ-ド音符

リズムも読譜も視覚から入ることで、早く覚える事が出来ます。

読譜の導入は、視覚にプラス早口言葉などで、楽しんで!

ふよみ

みんな大好きな絵本の音楽付き読み聞かせなど…

image

先月からレッスンを開始した、R君。

表現力豊かな4歳の男の子。

3歳の頃から「ピアノが習いたい!」と言っていたみたいです。

お母さんはスポーツがして欲しくて、「4歳になったらね〜」とほのめかしていたそう。

4歳になってから、「4歳になったからピアノ習う!」と。

意志の強さがすごいでしょ〜(⌒▽⌒)

ピアノの日はいつも、私が行くのを楽しみに待ってくれています(^ ^)

R君も音楽付き読み聞かせがだ〜い好き。

行くといきなり「絵本は、絵本は?」(o^^o)

絵本は、繊細な感性を養います。

そして後々に本好きになります。

本好きは、表現力、想像力も豊かになり、漢字も覚えます。

そして、物語の構成を理解することは、国語力にも繋がります。

天才音楽家のモーツァルトは、読書家だったそうです。

本を読みながら、イメージする音楽が流れていたのでは…

生まれ持っての天才ですが、本好きだったことも、素晴らしい音楽に繋がったのではないかと思います。

グリュックピアノ教室は、楽しんで学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^ ^)

関連記事

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

創造力を養う秘訣

作曲、と言うと大人の方は難しく考えてしまいます。 でも適当に、鼻歌を歌うのも作曲です。

記事を読む

音楽は調和の原点

ピアノを弾くことは、表現力、集中力、想像力など、様々なことが必要です。 その中でも、他の楽器や

記事を読む

努力が習慣になる

努力。 大人になると、必要と分かっているけど、苦手な事は億劫になりがちです。 でも、努力

記事を読む

集中力をアップする方法とは

「音」には色んな表情があります。 悲しい、嬉しい、賑やか、静か、重い、軽いなどなど… 音

記事を読む

短い集中力に秘められたパワー

昨日、「子ども達の集中力を持たせる方法」で、 幼児期のお子様の短い集中力を、色んな方面から、飽

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法

ピアノのレッスンが他の習い事と違うのは、練習をしなければいけない、という事。 練習することが日

記事を読む

魔法の力

ハグの威力。 日本人はあまりしませんが、この威力は魔法のようです。 日本人は、欧米人に比

記事を読む

音楽がリアル感を増す

3歳のK君。 感受性豊かな男の子。(^∇^) 絵本の弾き語りが大好き。 レッスンで

記事を読む

自然に音楽と繋がる

姉妹や兄弟でレッスンさせて頂いてる生徒さんが、何組かいらっしゃいます^ ^ 年が離れている姉妹

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑