季節を感じ、表現力へ

公開日: : 最終更新日:2016/04/20 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン, 練習方法

季節を感じる事は表現力を高めます。

グリュックピアノ教室の生徒さん達、みんな大好きな絵本の音楽付き読み聞かせ。

季節感のある、綺麗な絵画のような絵本を用います。^o^

絵本複数の

季節から、色をイメージしたり、感情をイメージしたり…

 

中学2年生になったばかりのYちゃん。

妹想いで、優しい女の子。

学校では、吹奏楽部で、トロンボーンを演奏しているそう(^∇^)

image

高学年になると、絵本の中の即興もリアル感を増してきます。(^。^)

この間、動物のイメージを即興で弾いて貰ったのですが…

弾いてもらってから、解説してもらいました。

この孔雀は?

Yちゃん「綺麗でしょ〜私を見て!って感じ」

私「ふんふん ^_^」

この馬は?

Yちゃん「自分には無い綺麗な孔雀に、嫉妬してる感じ」

私「リアルでちょっとこわっ(・_・;」

という感じで、絵の雰囲気を即座に感じ取り、曲に表してくれます。(^∇^)

 

絵本のイメージを曲で表すことは、難しく考えないこと。

感じたまま弾く、習慣にすること、が大切。

絵本というと幼児さんの物、と考えがちですが、多感な高学年にもとても大切です。

何でも吸収出来る時期(^O^)

この時期に、想いや表現を曲に表すことは、表現力を高め、自己表現力にも繋がります。

グリュックピアノ教室では、表現力、想像力を高めるため、絵本を使ったレッスンをしています。^ – ^

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^^)

関連記事

子ども達に接するとき

Hちゃん。 想像力も表現力も豊かな5歳の女の子。 いつもとっても元気で、保育園で

記事を読む

自立心を育てる

自立心を育てることに必要な事とは… 自分で考えて、やり遂げることを数多く体験させてあげること。

記事を読む

連弾で学べること

連弾。 コラボでは、相手に合わせる、つまり、調和が大切です。 調和が取れていないと、バラ

記事を読む

幼児さんのレッスンの進め方

4歳の生徒さんNちゃん、お家にお伺いした時は、お昼寝を途中でお越しちゃったみた いで、眠くて泣

記事を読む

性格に応じたレッスン方法

昨日、可愛い姉妹、小学校6年生のYちゃんと1年生のKちゃんの体験レッスンでした。^ ^ お母さ

記事を読む

短い集中力に秘められたパワー

昨日、「子ども達の集中力を持たせる方法」で、 幼児期のお子様の短い集中力を、色んな方面から、飽

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

出張レッスンが好まれる理由

グリュックピアノ教室は出張専門のピアノ教室です。 生徒さん達の多くは… 上の子がピアノを習い

記事を読む

楽譜を覚える前に(大人編)

4歳児クラスの先生、保育士のMさん。 今、2月の保育園での子ども達の発表会に向けて、練習中です

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑