季節を感じ、表現力へ

公開日: : 最終更新日:2016/04/20 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン, 練習方法

季節を感じる事は表現力を高めます。

グリュックピアノ教室の生徒さん達、みんな大好きな絵本の音楽付き読み聞かせ。

季節感のある、綺麗な絵画のような絵本を用います。^o^

絵本複数の

季節から、色をイメージしたり、感情をイメージしたり…

 

中学2年生になったばかりのYちゃん。

妹想いで、優しい女の子。

学校では、吹奏楽部で、トロンボーンを演奏しているそう(^∇^)

image

高学年になると、絵本の中の即興もリアル感を増してきます。(^。^)

この間、動物のイメージを即興で弾いて貰ったのですが…

弾いてもらってから、解説してもらいました。

この孔雀は?

Yちゃん「綺麗でしょ〜私を見て!って感じ」

私「ふんふん ^_^」

この馬は?

Yちゃん「自分には無い綺麗な孔雀に、嫉妬してる感じ」

私「リアルでちょっとこわっ(・_・;」

という感じで、絵の雰囲気を即座に感じ取り、曲に表してくれます。(^∇^)

 

絵本のイメージを曲で表すことは、難しく考えないこと。

感じたまま弾く、習慣にすること、が大切。

絵本というと幼児さんの物、と考えがちですが、多感な高学年にもとても大切です。

何でも吸収出来る時期(^O^)

この時期に、想いや表現を曲に表すことは、表現力を高め、自己表現力にも繋がります。

グリュックピアノ教室では、表現力、想像力を高めるため、絵本を使ったレッスンをしています。^ – ^

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^^)

関連記事

幼児さんのレッスンの進め方

4歳の生徒さんNちゃん、お家にお伺いした時は、お昼寝を途中でお越しちゃったみた いで、眠くて泣

記事を読む

子ども達にこそ本物を

音楽、絵画、それから絵本、など… 大人が感動する物は、子ども達も感動します。 本物を子ど

記事を読む

幼児期に必要なこと

幼児期〜児童期は、純粋で、真っ白な混じり気のない状態。(^^) この状態の時は、吸収力が凄いで

記事を読む

やり遂げる力を養う

モンテッソーリ教育。 私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だ

記事を読む

静と動のバランス

外遊びが大好きな4歳のYちゃん。 太陽が大好きで、この夏も日焼けして真っ黒です。(^∇^)

記事を読む

自然にイマジネーションが膨らむ

ピアノを演奏する時にとても大切なこと。 「自分がどう表現したいのか?」 ピアノ演奏には、

記事を読む

レッスンに重要な教本選び

<小さい頃、ピアノを習っていたのに、大人になってヘ音記号が読めない> 残念ながら、よく聞くお話

記事を読む

移調の導入のコツとは

グリュックピアノ教室では、初歩のお子様にはバスティンのピアノ教本を使っていま す。

記事を読む

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

リズム感が良くなる方法(大人編)

リズム感が良くなる方法。 今日は大人編。 色々ありますが… 意識すると、リズム感が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑