季節を感じ、表現力へ

公開日: : 最終更新日:2016/04/20 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン, 練習方法

季節を感じる事は表現力を高めます。

グリュックピアノ教室の生徒さん達、みんな大好きな絵本の音楽付き読み聞かせ。

季節感のある、綺麗な絵画のような絵本を用います。^o^

絵本複数の

季節から、色をイメージしたり、感情をイメージしたり…

 

中学2年生になったばかりのYちゃん。

妹想いで、優しい女の子。

学校では、吹奏楽部で、トロンボーンを演奏しているそう(^∇^)

image

高学年になると、絵本の中の即興もリアル感を増してきます。(^。^)

この間、動物のイメージを即興で弾いて貰ったのですが…

弾いてもらってから、解説してもらいました。

この孔雀は?

Yちゃん「綺麗でしょ〜私を見て!って感じ」

私「ふんふん ^_^」

この馬は?

Yちゃん「自分には無い綺麗な孔雀に、嫉妬してる感じ」

私「リアルでちょっとこわっ(・_・;」

という感じで、絵の雰囲気を即座に感じ取り、曲に表してくれます。(^∇^)

 

絵本のイメージを曲で表すことは、難しく考えないこと。

感じたまま弾く、習慣にすること、が大切。

絵本というと幼児さんの物、と考えがちですが、多感な高学年にもとても大切です。

何でも吸収出来る時期(^O^)

この時期に、想いや表現を曲に表すことは、表現力を高め、自己表現力にも繋がります。

グリュックピアノ教室では、表現力、想像力を高めるため、絵本を使ったレッスンをしています。^ – ^

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^^)

関連記事

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法2

以前の、楽しく楽譜を読めるようになる方法では、子ども達が理解しやすい、リズムカ-ドのことを書きました

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

親の背を見て子は育つ

4月に年長さんになったIちゃん。 絵本が大好きで、表現力豊かなしっかり者の女の子。

記事を読む

子ども達の集中力を持たせる方法とは

幼児期の子ども達の集中力は短い、とよく耳にしますが… 短いというのは  無い、とは違うのです。

記事を読む

遊びから学ぶ

遊びから学ぶ 遊びは、想像力を育みます。 大人にとっては、遊びとは悪いイメージがあります

記事を読む

相対音感とは…

今までに、絶対音感については、書きましたが… 今回は相対音感についてです。 一般的には、

記事を読む

絵画のような絵本のご紹介

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を使っています(^∇^) 数多くある絵本の中で、

記事を読む

情操教育とは…

ピアノを習うことは情操教育の一環と言われています。 では「情操を教育する」、とはどういう事なの

記事を読む

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

即興やアレンジに必要な事とは

グリュックピアノ教室では、子ども達に、楽譜通りに弾くだけではなく、アレンジや 即興などをして、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑