初見は両手で!の訳とは

公開日: : 最終更新日:2016/04/30 ピアノレッスン, 練習方法

片手ずつの練習

私達が子供の頃はこの練習が主流でした。

でも実は、これでは楽譜を読むのに時間がかかってしまいます。

楽譜を早く読むポイントは、広い範囲を同事に見れるような癖をつけることなんです。

グリュックピアノ教室では、新しい曲の宿題を生徒さんに渡す時、必ず両手で初見で弾いて貰います。

image

最初から両手で、がポイントです(^^)

最初からト音記号もヘ音記号も、楽譜全体を見ていると、それが癖づけられ、広範囲を見れる力が養えます。

楽譜は、ト音記号、ヘ音記号、強弱などを同事に読み取る必要があります。

それが早く出来る為にも、初見の段階から両手で弾く癖をつける事が大切だと思います。

知り合いで、レストランの店長をしていた人が言っていました^ ^

「普通の人の視野は180度くらいだけど、職業柄なのか、自分の視野は360度な気がする」って。

これは、後ろのお客様のテーブルも、見渡せるぐらいって事ですよね(⌒▽⌒)

最初はそうではなかったのに、360度見ようと思っている内に、その視野になったということ。

楽譜を読む時も、ト音記号もヘ音記号も強弱も!いっぺんに見る事を癖づける事で、視野が広くなり、同事に読めるようになるんです。

なんでも最初が肝心。

初見力をつけること

これは後々、本を読む時や、教科書を読む時にも必ず役に立つと思います(^O^)

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせください(^∇^)

関連記事

手首から音楽が…

手首の脱力、ピアノ演奏に最も大切な事。 手首は1度硬くなってしまうと、柔らかくなるのに時間がか

記事を読む

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

楽譜って難しい??

楽譜を読むことについて、今までにも色々書いてきました。 楽譜を読むことは、音符を読むことだけで

記事を読む

コード奏法の基本

グリュックピアノ教室では、バスティンの教本や、木村メソッドの教本を基本に使用しています。 木村

記事を読む

真似っこで表現力アップ

先月からレッスンを開始したHちゃん。 想像力も表現力も豊かな4歳になったばかりの女の子。

記事を読む

怒ってはいけない理由

ピアノのレッスンは約45分~1時間弱、 週に1回のこの時間、短いな~っていつも感じます。

記事を読む

吸収力の凄さ

“3歳”という年齢はとっても重要。 3歳までの過ごし方が、人生の土台を作るともいわれています。

記事を読む

努力が習慣になる

努力。 大人になると、必要と分かっているけど、苦手な事は億劫になりがちです。 でも、努力

記事を読む

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

即興のコツとは

即興演奏 その場で、即興的に曲を創作して演奏すること。インプロビゼーション。 こう書くと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑