初見は両手で!の訳とは

公開日: : 最終更新日:2016/04/30 ピアノレッスン, 練習方法

片手ずつの練習

私達が子供の頃はこの練習が主流でした。

でも実は、これでは楽譜を読むのに時間がかかってしまいます。

楽譜を早く読むポイントは、広い範囲を同事に見れるような癖をつけることなんです。

グリュックピアノ教室では、新しい曲の宿題を生徒さんに渡す時、必ず両手で初見で弾いて貰います。

image

最初から両手で、がポイントです(^^)

最初からト音記号もヘ音記号も、楽譜全体を見ていると、それが癖づけられ、広範囲を見れる力が養えます。

楽譜は、ト音記号、ヘ音記号、強弱などを同事に読み取る必要があります。

それが早く出来る為にも、初見の段階から両手で弾く癖をつける事が大切だと思います。

知り合いで、レストランの店長をしていた人が言っていました^ ^

「普通の人の視野は180度くらいだけど、職業柄なのか、自分の視野は360度な気がする」って。

これは、後ろのお客様のテーブルも、見渡せるぐらいって事ですよね(⌒▽⌒)

最初はそうではなかったのに、360度見ようと思っている内に、その視野になったということ。

楽譜を読む時も、ト音記号もヘ音記号も強弱も!いっぺんに見る事を癖づける事で、視野が広くなり、同事に読めるようになるんです。

なんでも最初が肝心。

初見力をつけること

これは後々、本を読む時や、教科書を読む時にも必ず役に立つと思います(^O^)

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせください(^∇^)

関連記事

幼児さんのレッスンの進め方

4歳の生徒さんNちゃん、お家にお伺いした時は、お昼寝を途中でお越しちゃったみた いで、眠くて泣

記事を読む

待ちに待った発表会

3月25日、発表会でした〜(^∇^) 朝から準備などなどに、追われて、バタバタでしたが…(^^

記事を読む

楽しく楽譜を読むコツ

いつも明るくて、ピアノを弾くのが大好きな、小学校1年生のKちゃん。 Kちゃんは、聞いた曲のメロ

記事を読む

綺麗な音を出す秘訣とは

綺麗な音で弾くこと。 グリュックピアノ教室が大切にしている事です。 どうすれば綺麗な音が

記事を読む

楽しく覚える方法とは

以前、「楽譜を形で覚える」の所で、和音の読み方について書きましたが、少し補足したいと思います。

記事を読む

即興〜作曲へ

即興のコツは、絵本を使ってするのが近道だと書きました。 絵本は絵のイメージや、物語りから表現が

記事を読む

リズムのコツ

リズム。 グリュックピアノ教室では、子ども達がリズムを分かり易く覚える事が出来るよう、色つき音

記事を読む

努力が習慣になる

努力。 大人になると、必要と分かっているけど、苦手な事は億劫になりがちです。 でも、努力

記事を読む

音楽は調和の原点

ピアノを弾くことは、表現力、集中力、想像力など、様々なことが必要です。 その中でも、他の楽器や

記事を読む

人の心を動かすほどの表現力

ある本に、日本人はミスタッチを探し過ぎる傾向がある、と書かれていました。 以前に、即興で素敵な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑