初見は両手で!の訳とは

公開日: : 最終更新日:2016/04/30 ピアノレッスン, 練習方法

片手ずつの練習

私達が子供の頃はこの練習が主流でした。

でも実は、これでは楽譜を読むのに時間がかかってしまいます。

楽譜を早く読むポイントは、広い範囲を同事に見れるような癖をつけることなんです。

グリュックピアノ教室では、新しい曲の宿題を生徒さんに渡す時、必ず両手で初見で弾いて貰います。

image

最初から両手で、がポイントです(^^)

最初からト音記号もヘ音記号も、楽譜全体を見ていると、それが癖づけられ、広範囲を見れる力が養えます。

楽譜は、ト音記号、ヘ音記号、強弱などを同事に読み取る必要があります。

それが早く出来る為にも、初見の段階から両手で弾く癖をつける事が大切だと思います。

知り合いで、レストランの店長をしていた人が言っていました^ ^

「普通の人の視野は180度くらいだけど、職業柄なのか、自分の視野は360度な気がする」って。

これは、後ろのお客様のテーブルも、見渡せるぐらいって事ですよね(⌒▽⌒)

最初はそうではなかったのに、360度見ようと思っている内に、その視野になったということ。

楽譜を読む時も、ト音記号もヘ音記号も強弱も!いっぺんに見る事を癖づける事で、視野が広くなり、同事に読めるようになるんです。

なんでも最初が肝心。

初見力をつけること

これは後々、本を読む時や、教科書を読む時にも必ず役に立つと思います(^O^)

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせください(^∇^)

関連記事

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

感動する心を育てる為に

曲に感動する心を育てる。 これは音楽だけではなく、いろんな事に感動出来る、感受性豊かな子に育ち

記事を読む

絵本を使ったピアノレッスンとは(動画付き)

グリュックピアノ教室では、絵本の弾き語りをレッスンに取り入れています。 絵本の弾き語りとは..

記事を読む

連弾で学べること

連弾。 コラボでは、相手に合わせる、つまり、調和が大切です。 調和が取れていないと、バラ

記事を読む

子ども達が練習をやる気になる方法 その3

子ども達が練習をやる気になる方法   その3 その1    練習回数を、自分で決める その2  

記事を読む

子ども達が、練習をやる気になる方法 その2

子ども達が、練習をやる気になる方法  その2 プチ ライバルを作る これは、妹さんでもお友達

記事を読む

調号を簡単に覚える方法

大人の方で、音楽は好きだけど楽譜を読むのは嫌い、という方が多い。 楽譜は難しいと思いこんでいる

記事を読む

上手な褒め方の秘訣とは

「ほめる」 ほめる事は、ピアノ教室だけではなく、子ども達のやる気を促す、最も大事な事です。

記事を読む

即興〜作曲へ

即興のコツは、絵本を使ってするのが近道だと書きました。 絵本は絵のイメージや、物語りから表現が

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法

ピアノのレッスンが他の習い事と違うのは、練習をしなければいけない、という事。 練習することが日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑