音楽の様に絵本を作る絵本作家

公開日: : 最終更新日:2016/08/02 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

「音楽の様に絵本を作る」

色彩の魔術師と言われる、ブライアン・ワイルド・スミス。

本当に色彩が鮮やかで、芸術的(o^^o)

音楽好きなワイルド・スミスは絵本製作を音楽に例えるそうです。^_−☆

「物と物、色や形が、ある音符のようなリズムを持って表現されなければならない」

と言っています。

原色に限らず、コラージュも多用していて、絵の具を混ぜて作る色の他に、市販のラ

ッピングペーパーなどを切り抜いて、自分の作品の中に入れこんで表現しているのだ

そう。

image

いぬとかりゅうど

色彩も鮮やかで美しく、物語も感動するお話。

 

image

『うさぎとかめ』

有名なお話ですが、動物も自然も、色の配置がリズミカルで、音楽が流れ出すよう。^o^

想像力を掻き立てます。

ワイルド・スミスは『子どもに対しては真の芸術を、絵本を通して与えなきゃいけな

い、そのためには真の画家による絵が絵本に必要だ』という考えの編集者と運命的

な出会いをして、絵本作家デビューしたそうです。

色と色の調和やリズムが音楽と相まって、物語りのイメージが膨らんでいく。

グリュックピアノ教室の生徒さん達は、みんな絵本が大好き。

レッスンで綺麗な絵本を見ているので、普段でも、絵本の好みが変わってきたと

言われる事が多いです。

音楽と絵本をセットにする事で、直感的なものを子ども達に感じて貰いたい。

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を取り入れています。(^^)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいでご興味のある方、お気軽にお

問い合わせ下さいね^o^

 

関連記事

音楽を身体で感じることの大切さ

リズム感が良い人は、体で音楽を感じることが自然に出来ています。 ブラックミュージックや、ブルー

記事を読む

調号を簡単に覚える方法

大人の方で、音楽は好きだけど楽譜を読むのは嫌い、という方が多い。 楽譜は難しいと思いこんでいる

記事を読む

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

手首から音楽が…

手首の脱力、ピアノ演奏に最も大切な事。 手首は1度硬くなってしまうと、柔らかくなるのに時間がか

記事を読む

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

音楽がリアル感を増す

3歳のK君。 感受性豊かな男の子。(^∇^) 絵本の弾き語りが大好き。 レッスンで

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

リズム感が良くなる方法

以前にリズム感は後天的に 身につく、と書きました。 リズム感はピアノ以外でも必要ですよね^o^

記事を読む

学力アップの基礎作り その2

昨日、絵本を使ったピアノレッスンで、本好きになり、集中力や学力アップにも 繋がる、と書きました

記事を読む

調号を簡単に覚える方法Part2

今日は、調号を簡単に覚える方法のPart2です。 前回、調号を簡単に覚える方法で、#(シャープ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑