音楽の様に絵本を作る絵本作家

公開日: : 最終更新日:2016/08/02 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

「音楽の様に絵本を作る」

色彩の魔術師と言われる、ブライアン・ワイルド・スミス。

本当に色彩が鮮やかで、芸術的(o^^o)

音楽好きなワイルド・スミスは絵本製作を音楽に例えるそうです。^_−☆

「物と物、色や形が、ある音符のようなリズムを持って表現されなければならない」

と言っています。

原色に限らず、コラージュも多用していて、絵の具を混ぜて作る色の他に、市販のラ

ッピングペーパーなどを切り抜いて、自分の作品の中に入れこんで表現しているのだ

そう。

image

いぬとかりゅうど

色彩も鮮やかで美しく、物語も感動するお話。

 

image

『うさぎとかめ』

有名なお話ですが、動物も自然も、色の配置がリズミカルで、音楽が流れ出すよう。^o^

想像力を掻き立てます。

ワイルド・スミスは『子どもに対しては真の芸術を、絵本を通して与えなきゃいけな

い、そのためには真の画家による絵が絵本に必要だ』という考えの編集者と運命的

な出会いをして、絵本作家デビューしたそうです。

色と色の調和やリズムが音楽と相まって、物語りのイメージが膨らんでいく。

グリュックピアノ教室の生徒さん達は、みんな絵本が大好き。

レッスンで綺麗な絵本を見ているので、普段でも、絵本の好みが変わってきたと

言われる事が多いです。

音楽と絵本をセットにする事で、直感的なものを子ども達に感じて貰いたい。

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を取り入れています。(^^)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいでご興味のある方、お気軽にお

問い合わせ下さいね^o^

 

関連記事

出張レッスンの良さ

いつも可愛いお手紙をくれるKちゃん。   お母さんがお仕事で忙しいので

記事を読む

出張レッスンのニーズが増えている理由とは

グリュックピアノ教室は、吹田市を中心に、出張専門でレッスンをしています。 上のお子様にピアノを

記事を読む

no image

子ども達の想像力 何でも本物??

子ども達は想像力が本当に豊かです。 まだ2歳のSちゃん。 レッスンの時、ぬいぐる

記事を読む

楽しく覚える方法とは

以前、「楽譜を形で覚える」の所で、和音の読み方について書きましたが、少し補足したいと思います。

記事を読む

感じる心から表現力へ

私は、夜、ホテルやレストランで演奏しています。 昨日は夏休み最後の日曜日、 ピアノのイス

記事を読む

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

音楽と数学の繋がり

楽譜を読むこと。 子ども達は、図形として形で見ることが得意です。 音符は連なっています。

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑