音楽の様に絵本を作る絵本作家

公開日: : 最終更新日:2016/08/02 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

「音楽の様に絵本を作る」

色彩の魔術師と言われる、ブライアン・ワイルド・スミス。

本当に色彩が鮮やかで、芸術的(o^^o)

音楽好きなワイルド・スミスは絵本製作を音楽に例えるそうです。^_−☆

「物と物、色や形が、ある音符のようなリズムを持って表現されなければならない」

と言っています。

原色に限らず、コラージュも多用していて、絵の具を混ぜて作る色の他に、市販のラ

ッピングペーパーなどを切り抜いて、自分の作品の中に入れこんで表現しているのだ

そう。

image

いぬとかりゅうど

色彩も鮮やかで美しく、物語も感動するお話。

 

image

『うさぎとかめ』

有名なお話ですが、動物も自然も、色の配置がリズミカルで、音楽が流れ出すよう。^o^

想像力を掻き立てます。

ワイルド・スミスは『子どもに対しては真の芸術を、絵本を通して与えなきゃいけな

い、そのためには真の画家による絵が絵本に必要だ』という考えの編集者と運命的

な出会いをして、絵本作家デビューしたそうです。

色と色の調和やリズムが音楽と相まって、物語りのイメージが膨らんでいく。

グリュックピアノ教室の生徒さん達は、みんな絵本が大好き。

レッスンで綺麗な絵本を見ているので、普段でも、絵本の好みが変わってきたと

言われる事が多いです。

音楽と絵本をセットにする事で、直感的なものを子ども達に感じて貰いたい。

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を取り入れています。(^^)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいでご興味のある方、お気軽にお

問い合わせ下さいね^o^

 

関連記事

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

相対音感とは…

今までに、絶対音感については、書きましたが… 今回は相対音感についてです。 一般的には、

記事を読む

自然の凄さ

自然とは… 山や海、草、木、などの意味もありますが、ありのままの〜こと(アナ雪じゃありませんが

記事を読む

ピアノ教師の存在

グリュックピアノ教室の生徒さんは、1歳7ヶ月のお子様から、80歳の大人の方まで。 Tさんは、先

記事を読む

マンツーマンの良さ

人見知り。 お家ではよく喋るし、明るいんだけど、人前に出るとおとなしくなってしまう子。

記事を読む

怒ってはいけない理由

ピアノのレッスンは約45分~1時間弱、 週に1回のこの時間、短いな~っていつも感じます。

記事を読む

自然にイマジネーションが膨らむ

ピアノを演奏する時にとても大切なこと。 「自分がどう表現したいのか?」 ピアノ演奏には、

記事を読む

嬉しい〜^o^ 生徒さんからのお手紙

生徒さんに貰った手紙で〜す。 これは1部で、もっとあるのですが… いつ貰っても嬉

記事を読む

怒らない育児の誤解

褒め育て これはとても良いこと。 褒めることで子ども達の気力をアップさせます^ ^

記事を読む

子ども達の素質を育てるポイントとは

「すべての子ども達が、良質な素質を持っている。」 その素質を生かすポイントは… 本物に触

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑