音楽の様に絵本を作る絵本作家

公開日: : 最終更新日:2016/08/02 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

「音楽の様に絵本を作る」

色彩の魔術師と言われる、ブライアン・ワイルド・スミス。

本当に色彩が鮮やかで、芸術的(o^^o)

音楽好きなワイルド・スミスは絵本製作を音楽に例えるそうです。^_−☆

「物と物、色や形が、ある音符のようなリズムを持って表現されなければならない」

と言っています。

原色に限らず、コラージュも多用していて、絵の具を混ぜて作る色の他に、市販のラ

ッピングペーパーなどを切り抜いて、自分の作品の中に入れこんで表現しているのだ

そう。

image

いぬとかりゅうど

色彩も鮮やかで美しく、物語も感動するお話。

 

image

『うさぎとかめ』

有名なお話ですが、動物も自然も、色の配置がリズミカルで、音楽が流れ出すよう。^o^

想像力を掻き立てます。

ワイルド・スミスは『子どもに対しては真の芸術を、絵本を通して与えなきゃいけな

い、そのためには真の画家による絵が絵本に必要だ』という考えの編集者と運命的

な出会いをして、絵本作家デビューしたそうです。

色と色の調和やリズムが音楽と相まって、物語りのイメージが膨らんでいく。

グリュックピアノ教室の生徒さん達は、みんな絵本が大好き。

レッスンで綺麗な絵本を見ているので、普段でも、絵本の好みが変わってきたと

言われる事が多いです。

音楽と絵本をセットにする事で、直感的なものを子ども達に感じて貰いたい。

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を取り入れています。(^^)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいでご興味のある方、お気軽にお

問い合わせ下さいね^o^

 

関連記事

子ども達のお手本とは

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。 レッスンしていると、本当にそ

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法2

この間、練習をしたくなる様に導く方法で、 宿題も楽しめる様に。 ピアノのを練習したくなるような環

記事を読む

静と動のバランス

外遊びが大好きな4歳のYちゃん。 太陽が大好きで、この夏も日焼けして真っ黒です。(^∇^)

記事を読む

リズムのコツ

リズム。 グリュックピアノ教室では、子ども達がリズムを分かり易く覚える事が出来るよう、色つき音

記事を読む

no image

ピアノを演奏することで何かが活性化する?

ピアノを演奏することで、身につくこと それは… 表現力が高まる、耳が良くなる、純粋な物に

記事を読む

音楽を身体で感じることの大切さ

リズム感が良い人は、体で音楽を感じることが自然に出来ています。 ブラックミュージックや、ブルー

記事を読む

目標とは

何かを上達するには、良い師に巡り合うことが大切。 私の初めての先生は、声楽家の叔母の伴奏をして

記事を読む

待つことは信じる事

3歳のSちゃん。 最近、急に指が動く様になって、どんどん上達してるんです(╹◡╹) Sち

記事を読む

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

手首から音楽が…

手首の脱力、ピアノ演奏に最も大切な事。 手首は1度硬くなってしまうと、柔らかくなるのに時間がか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑