音楽がリアル感を増す

公開日: : 最終更新日:2016/08/16 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

3歳のK君。

感受性豊かな男の子。(^∇^)

絵本の弾き語りが大好き。

レッスンで、ピアノを弾く時や、リズムの練習の時は、おちゃらけて、ちょっとおふざけちゃんなのですが…

絵本の時はじっと座って、目は凝視、耳はしっかり聴いています。(o^^o)

この間はみんなが大好きな、しかけ絵本。

「ナマケモノのいる森で」

image

お話しも感動する内容です。

物語りのあらすじは…

生き生きとしていた森が壊されてしまって…>_<

image

なくなってしまった森を…

ある人が、再生して…

image

森が、素敵〜になって戻ってきたっていうお話。(≧∇≦)

K君は、感受性が強い男の子なので、森が壊される場面では、「こわい〜」と言って

どんどんこわばった表情に…(^^;;

でも、怖いから、お母さんに抱きつく、とかじゃないんです。

私が森が壊されちゃう場面に合うメロディーを弾いているので、それを止めさせようと、私の手を触って、弾かさないようにするんですよ〜(*^o^*)

すごいでしょ^o^

ピアノのメロディーが、場面をよりリアルにしている事を、ちゃんと分かっているんですよね(o^^o)

音楽は、絵本の綺麗な絵や物語を、より一層表現します。

吸収力の良い子ども達は、想像力豊かになり、物語に吸い込まれていきます。

この時期だからこそ、感性が磨かれるんです。

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を取り入れています。

絵本複数の

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

 

 

 

関連記事

音楽の様に絵本を作る絵本作家

「音楽の様に絵本を作る」 色彩の魔術師と言われる、ブライアン・ワイルド・スミス。 本当に

記事を読む

子ども達の集中力を持たせる方法とは

幼児期の子ども達の集中力は短い、とよく耳にしますが… 短いというのは  無い、とは違うのです。

記事を読む

言葉かけの大切さ

環境って、とても大切です。 ピアノに限らず、何でもそうですが… 特にピアノのレッスンは、

記事を読む

楽しく楽譜を読むコツ

いつも明るくて、ピアノを弾くのが大好きな、小学校1年生のKちゃん。 Kちゃんは、聞いた曲のメロ

記事を読む

即興〜作曲へ

即興のコツは、絵本を使ってするのが近道だと書きました。 絵本は絵のイメージや、物語りから表現が

記事を読む

子ども達のお手本とは

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。 レッスンしていると、本当にそ

記事を読む

リズム感が良くなる方法

リズム感。 リズム感とは規則的な「拍」を感じる能力です。 リズム感があるとかないとか、結

記事を読む

モチベーションをアップさせる魔法の言葉とは

モチベーションをアップさせる↗︎↗︎↗︎ 「褒める」 この事は、皆さん実践されて

記事を読む

心の中に秘めた表現力

言葉で言えないことを、何かで表現するのって素敵ですよね。 ピアニストでシンガーソングライターの

記事を読む

絵本は表現力の宝庫

「今日の絵本はなに?」グリュックピアノ教室の子ども達はみんな絵本の弾き語りが大好き! 絵本には

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑