曲を作る基本

公開日: : 最終更新日:2016/08/24 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

グリュックピアノ教室では、作曲が出来る生徒さんが多いです。

初歩の頃に絵本の弾き語りを取り入れている事が、大きく影響していると思います。

 

小学校3年生のKちゃん。

これはフラフープを縄跳び代わりにして、跳んでいる写真です。

いつも元気いっぱいの女の子です。

お母さんはこの元気に、いつも癒されているそう(o^^o)

image

Kちゃんは、絵本の弾き語りの時間が大好き。(^∇^)

想像力が豊かで、自分でも曲を作ってくれます。

この間、お母さんの会社の社歌を作ったとのこと。

メロディーを歌って貰い、私が楽譜にしました(^^)

お母さんの会社と他の会社との合同のキャンプで、発表するそうです〜(^∇^)

image

歌詞も、「僕なら出来るから〜   あきらめず、毎日を過ごしていくんだ〜」

と、とてもポジティブな素敵な歌詞。

みんなの反響が楽しみです(^o^)

 

曲を作る事は、持っている想像力、表現力がますます豊かになります。

でも、そういう事が苦手な生徒さんもいます。

上手に出来ない、とか、先に思っちゃうタイプの子は特に…

そういう場合は、お手本を見せたり、聞かせたりしてあげる事も大事。

そこから創造性が膨らんでいきます^ ^

子ども達は、吸収力が早く、頭が柔らかいです。

お手本を見たり、聞いたりする事で、自分のイメージも広がっていきます(^O^)

グリュックピアノ教室では、レッスンに絵本を取り入れています。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さい(^o^)/

 

関連記事

子ども達に接するとき

Hちゃん。 想像力も表現力も豊かな5歳の女の子。 いつもとっても元気で、保育園で

記事を読む

吸収力の凄さ

“3歳”という年齢はとっても重要。 3歳までの過ごし方が、人生の土台を作るともいわれています。

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

子ども達の集中力を持たせる方法とは

幼児期の子ども達の集中力は短い、とよく耳にしますが… 短いというのは  無い、とは違うのです。

記事を読む

イメージを音で表現すること

グリュックピアノ教室では、心で感じたり想ったりしたことを音で表現することを重要視しています。

記事を読む

楽しく覚える方法とは

以前、「楽譜を形で覚える」の所で、和音の読み方について書きましたが、少し補足したいと思います。

記事を読む

体験レッスン(2歳11ヶ月のK君)

昨日は、8月で3歳になるK君の体験レッスンでした^o^ レッスンの日、楽しみに待ってくれていた

記事を読む

調号を簡単に覚える方法Part2

今日は、調号を簡単に覚える方法のPart2です。 前回、調号を簡単に覚える方法で、#(シャープ

記事を読む

なぜ発表会が大切なのか

『発表会』 ピアノ教室のメインイベントですよね(^O^) 自分の得意なピアノで誰かを感動

記事を読む

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑