音楽的な環境の大切さ

公開日: : 最終更新日:2017/01/30 ピアノレッスン, 幼児教育

音楽的環境。

吸収力の良い幼児期、児童期。

環境はとても大切です(╹◡╹)

綺麗な音楽を聴く、綺麗な絵本を観るなど…

胎教にも良い癒しの音楽、お家の中で、バックミュージックとしてかかっているだけで、お腹の赤ちゃんは

聴いて癒されます(o^^o)

私の父も母も音楽好きで、母は歌が得意で、合唱グループで歌ったりしていました。

叔母が声楽家で、よく音楽会にも連れて行って貰っていました。

父は、ポールモーリアや、映画音楽が好きで、よく聴かせてくれていたみたいです(*^^*)

音楽的な環境が、今の私の仕事に繋がっています。

両親に感謝です^o^

私の大好きな国、オーストリアのウィーンでは、ウィーン国立歌劇場で「小学生の為のオペラ・魔笛」が

公演されています。

SONY DSC

 

SONY DSC

私はたまたまウィーンに行った時にこの公演が上演されていて、その事を知ったのですが…

残念ながら、大人なので、観ることは出来ませんでしたσ(^_^;)

ウィーン国立歌劇場で毎年2 月に行われる大舞踏会で、客席を取りはらった状態を作るのですが、その

平土間を使って、子どもたちにオペラを体験させようと、2003 年からイオアン・ホーレンダーと小澤征爾

さんによって始められたのだそう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

パパゲーノ役の歌手がナビゲーターとなって、オペラの物語や楽器を紹介していくんですって。

なんと言っても演奏はウィーン・フィルのメンバーですよ^ ^

すごい情操教育です♪───O(≧∇≦)O────♪

2012年には、来日もしていました^o^

日本では、ここまでのイベントは難しいですが、子どもの為のコンサートなども数多く開催されています。

そういう催しに足を運んで、本物に触れることも大切な情操教育ですよね(╹◡╹)

子どもたちのワクワク感は表現力を豊かにします(o^^o)

グリュックピアノ教室では、表現力を重視し、ピアノレッスンに絵本を取り入れています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^^)

関連記事

練習がしたくなる様に導く方法

ピアノのレッスンが他の習い事と違うのは、練習をしなければいけない、という事。 練習することが日

記事を読む

no image

子ども達の想像力 何でも本物??

子ども達は想像力が本当に豊かです。 まだ2歳のSちゃん。 レッスンの時、ぬいぐる

記事を読む

絵本+音楽=表現力

グリュックピアノ教室で、みんな大好きなピアノ演奏付き絵本の読み聞かせ。 絵本と言えば幼児期の物

記事を読む

簡単に作曲、即興が出来るコツとは

作曲や即興と言うと難しく聞こえるかもしれません。 でも、少しメロディーを作ったら、それはもう作

記事を読む

子ども達に接するとき

Hちゃん。 想像力も表現力も豊かな5歳の女の子。 いつもとっても元気で、保育園で

記事を読む

好奇心を引き出す

5歳になったばかりの女の子  Iちゃん。 レッスンを始めてから2ケ月目。 いつもレッスン

記事を読む

絵画のような絵本のご紹介

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を使っています(^∇^) 数多くある絵本の中で、

記事を読む

音楽は心を育てる

小学校3年生のKちゃんのお母さん、音楽好きな方なのでピアノだけしていれば、感性や表現力が育つ、と考え

記事を読む

タイミングを掴む

幼児のお子様をレッスンする時に、大切なことは沢山ありますが、レッスンを進めていく上で、ここだ!ってい

記事を読む

幼児期にしか身につかないこと、それは…

私の父も母も音楽好きで、私がお腹にいる時から、クラシックやポピュラーなど 色んな音楽を聞かせて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑