音楽的な環境の大切さ

公開日: : 最終更新日:2017/01/30 ピアノレッスン, 幼児教育

音楽的環境。

吸収力の良い幼児期、児童期。

環境はとても大切です(╹◡╹)

綺麗な音楽を聴く、綺麗な絵本を観るなど…

胎教にも良い癒しの音楽、お家の中で、バックミュージックとしてかかっているだけで、お腹の赤ちゃんは

聴いて癒されます(o^^o)

私の父も母も音楽好きで、母は歌が得意で、合唱グループで歌ったりしていました。

叔母が声楽家で、よく音楽会にも連れて行って貰っていました。

父は、ポールモーリアや、映画音楽が好きで、よく聴かせてくれていたみたいです(*^^*)

音楽的な環境が、今の私の仕事に繋がっています。

両親に感謝です^o^

私の大好きな国、オーストリアのウィーンでは、ウィーン国立歌劇場で「小学生の為のオペラ・魔笛」が

公演されています。

SONY DSC

 

SONY DSC

私はたまたまウィーンに行った時にこの公演が上演されていて、その事を知ったのですが…

残念ながら、大人なので、観ることは出来ませんでしたσ(^_^;)

ウィーン国立歌劇場で毎年2 月に行われる大舞踏会で、客席を取りはらった状態を作るのですが、その

平土間を使って、子どもたちにオペラを体験させようと、2003 年からイオアン・ホーレンダーと小澤征爾

さんによって始められたのだそう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

パパゲーノ役の歌手がナビゲーターとなって、オペラの物語や楽器を紹介していくんですって。

なんと言っても演奏はウィーン・フィルのメンバーですよ^ ^

すごい情操教育です♪───O(≧∇≦)O────♪

2012年には、来日もしていました^o^

日本では、ここまでのイベントは難しいですが、子どもの為のコンサートなども数多く開催されています。

そういう催しに足を運んで、本物に触れることも大切な情操教育ですよね(╹◡╹)

子どもたちのワクワク感は表現力を豊かにします(o^^o)

グリュックピアノ教室では、表現力を重視し、ピアノレッスンに絵本を取り入れています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^^)

関連記事

表現のつぼみが開くとき

5歳の生徒さん、Tちゃん。 いつも、新鮮な気持ちにさせて貰っています。 子ども達の感覚っ

記事を読む

子ども達が練習をやる気になる方法 その3

子ども達が練習をやる気になる方法   その3 その1    練習回数を、自分で決める その2  

記事を読む

得意な曲を最初に弾く事が大切な理由

レッスンの時、練習がよく出来た曲、好きな曲、などから弾いて貰うことは、大事な事だと思います。

記事を読む

繊細な感性を養う

ピアノレッスンはピアノに向かって弾くことだけだと思われがちです。 でも、特に好奇心旺盛な小さな

記事を読む

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

自立の第1歩

自立とは… 人の手を借りないで、自分で何かをやり遂げること 子ども達には、大人がそれを促

記事を読む

楽しく覚える方法とは

以前、「楽譜を形で覚える」の所で、和音の読み方について書きましたが、少し補足したいと思います。

記事を読む

リズムの重要性とは

《リズム》 音楽にはなくてはならないもの。 初歩の頃に、リズムを学ぶことは、先々のリズム

記事を読む

子ども達が上達するコツ

ピアノ教室は他の習い事よりも、お家での練習が大事です。 でも「練習してきてね」だけではお家で練

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑