年齢に応じて…

公開日: : 最終更新日:2017/05/03 ピアノレッスン, 幼児教育

3歳のMちゃん。

少し恥ずかしがりやさん(^.^)

ホームページを見て下さって、絵本の弾き語りの動画を見て、是非体験レッスンを!とお電話を頂きました。

日本語の上手な海外のご夫婦、体験レッスンの日は、お父さん、お母さん、Mちゃんと弟の5ヶ月の赤ちゃんと4人でお越し頂きました^o^

終始、笑顔で、すっごく明るくて気さくなご夫婦です(*^^*)

お父さん、お母さんが笑顔なので、Mちゃんもにっこり笑顔が、とても可愛い〜(╹◡╹)

レッスンの最後に絵本の弾き語りをしたら、「映画みた〜い!!」と、とても喜んでくれて、こちらもすごく嬉しい気持ちになりました。

その日に、入会を決めて頂きました(((o(*゚▽゚*)o)))♡

本レッスンが開始してからは、いつもお父さんとMちゃん2人で来られます。

Mちゃん一家は、東京から関西にお引っ越しされて来て、2歳半からピアノのレッスンをされていたみたいです( ◠‿◠ )

3歳だけど、ト音記号のドレミファソは読んで弾けるんです。

この年齢だと、まだ読譜の練習はせず、リズムや表現を感覚的にレッスンしていく事が多いのですが、

Mちゃんは、ト音記号の音符と、右手がしっかり一致して理解していたので、左手の練習、ヘ音記号の音符と、左手を一致する事から始めました。

まだこの年齢は、色んな事を詰め込み過ぎると、混乱してしまうので、注意が必要。

一つ一つ覚えてから、次のステップに進めていきます。

Mちゃん家は、お家ではテレビは観ない方針だそうで、ピアノの練習は遊びの1つだとか…(╹◡╹)

お家でも、楽しんで練習してくれているみたいです(^o^)

グリュックピアノ教室は、楽しんで学べるピアノ教室です^ ^

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さい(*^^*)

 

 

 

 

関連記事

純粋な感性

子どもたちには、それぞれ見方や感じ方に個性があります。 大人の感じ方は、偏ってしまっている場合

記事を読む

絵本から溢れ出るメロディー

一昨日、大好きな絵本屋さん、フィネサブックスさんに行ってきました〜^_−☆ レッスンに使ってい

記事を読む

音楽用語は難しい??

音楽用語とは、作曲者が楽譜に記したメッセージ。 実際に作曲家が使われた意味とは、もしか

記事を読む

目標とは

何かを上達するには、良い師に巡り合うことが大切。 私の初めての先生は、声楽家の叔母の伴奏をして

記事を読む

解ってしまうってすご〜い!!

今日は、曲をアレンジし過ぎて失敗?と言うか、怒らせてしまったお話を書こうと 思います。

記事を読む

好奇心をくすぐるレッスンとは

3歳のYちゃん。 レッスンし始めて、3ヶ月目。 1歳の弟のT君の面倒もよく見る、しっかり

記事を読む

吸収力の凄さ

“3歳”という年齢はとっても重要。 3歳までの過ごし方が、人生の土台を作るともいわれています。

記事を読む

音階は難しい??

音階とは、音の階段。 音がどのように上がっているのか… 音階は、ピタゴラスによって発見さ

記事を読む

感じる心から表現力へ

私は、夜、ホテルやレストランで演奏しています。 昨日は夏休み最後の日曜日、 ピアノのイス

記事を読む

幼児期に何故、音楽が必要なのか

三つ子の魂百までって言いますが、幼児期の吸収力って、本当にスポンジのよう ですよね(*^o^*

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑