待つことは信じる事

公開日: : 最終更新日:2017/07/25 ピアノレッスン, 幼児教育

3歳のSちゃん。

最近、急に指が動く様になって、どんどん上達してるんです(╹◡╹)

Sちゃんは、2歳の時に、レッスン開始。

最初は、この時期特有の、自分の意思で何かをしたいっていう気持ちがありありで…ヽ(;▽;)ノ

「〜する?」「イヤ!」「じゃあ〜は?」「イヤ!」の繰り返しでした(^^;)

絵本の弾き語りの時間は、自分から進んで「絵本する〜」と言っていましたが、他の事は…(^^;;

この時期は、本当にいやではないのに、イヤ!って言っている場合もあります。

そこを見極めてあげないと、芽を摘んでしまう事になります…>_<

こういう状態でも続けてくれたのは、お母さんのおかげです。

Sちゃんが頑張れることを信じて、辛抱強く待って下さったから…

この状況でピアノをやめてしまうと言う事は、タネを撒いて、芽が出るのを待たないで諦めてしまう事と同じ…(・・;)

音楽は目に見えないもの。

後ろを見ていても、耳に入ってきます。

イヤって言ってても、吸収しているんですよね(^^)

現に、Sちゃんは今、その芽がどんどんと伸びてきています(o^^o)

宿題ではない所まで、弾いてきてくれたり、やる気まんまんです^ – ^

吸収力の良い、大切な幼児期。

どんな才能が開花するかわかりません^ ^

私達ピアノ教師も、お母さんと一緒に、じっくり待ってあげることが大切だと思います^ ^

グリュックピアノ教室は、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを、心掛けています( ◠‿◠ )

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さい^o^

 

関連記事

見守る事の大切さ

私は朝はパン派です。パン好きで特に天然酵母パンが大好きです(*^_^*) 毎日ホームベーカリー

記事を読む

リズム感が良くなる方法(大人編)

リズム感が良くなる方法。 今日は大人編。 色々ありますが… 意識すると、リズム感が

記事を読む

相対音感とは…

今までに、絶対音感については、書きましたが… 今回は相対音感についてです。 一般的には、

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

表現のつぼみが開くとき

5歳の生徒さん、Tちゃん。 いつも、新鮮な気持ちにさせて貰っています。 子ども達の感覚っ

記事を読む

コード奏法を速く覚えるコツとは

グリュックピアノ教室では、初歩の頃から、音名をドレミと共に、ABCで覚えてもらいます。 何故か

記事を読む

音楽付き読み聞かせの良さとは

保育士のMさん。 2月に保育園の発表会で、ちびとらちゃんの劇をします。 テーマ曲を最初に

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

子どもは大人の父である

レッスンで子ども達と接していると、なるほど〜と教えられる事が多々あります。 グリュックピアノ教

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑