信念と頑固の違いとは…

公開日: : 最終更新日:2018/01/30 ピアノレッスン, 幼児教育

新年おめでとうございます)^o^(

今年もよろしくお願い致します(^^)

同じしんねんでも、今日は信念について。

こじつけ過ぎ…という声が聞こえてきそうですが…(^^;;

辞書によると、「信念とは?」

※正しいと信じる自分の考え。固く信じて疑わない心。行動の基礎となる態度。

※神仏を固く信ずること。宗教を信じる気持ち。信仰心。

などと書いていますが…

ちょっと少し難しいですよねf^_^;

「信念」=「気持ちにぶれがなく、一貫性がある事」と解釈するのが、一番わかりやすいでしょうか?

強いて言えば、積極的に行動し、いろんな物事を体験して、場数を多く踏む上で、気持ちにぶれがない。

ん?  また難しくなっちゃったかな??(^^;;

つまり…

信念=芯が強い人

なのではないかと思うんですよね( ◠‿◠ )

この絵は、フェルメールの絵画^ ^

先月ウィーンに行った時に、美術史美術館で撮ったのですが、みんな撮っていて、私も撮っちゃいましたけど、良かったのかな…(^^;;

光の魔術師と言われるフェルメールも、自分の信念を貫いた素晴らしい画家ですよね(╹◡╹)♡

 

そこで信念と間違ってしまいがちなのが…

自分の意見を変えない、つまり「頑固」とは全く違う、という事です。

信念はひたむきな想い。

利己的だと、ただの頑固な人になってしまいます。

芯が強い人は、どこか余裕があるのでは…^o^

自分に自信があるからこその余裕…(#^.^#)

子ども達に自分に自信を持って貰うには、やっぱり褒めてあげる事 。٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

ピアノレッスンの中で「自分に自信を持つことの大切さ」を伝えていけたら嬉しいですね(o^^o)

そしてその上で「自信があっても上から目線になってはいけない」ということも…

 

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを心がけています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さい(*^^*)

 

 

 

関連記事

情操教育とは…

ピアノを習うことは情操教育の一環と言われています。 では「情操を教育する」、とはどういう事なの

記事を読む

子どもは大人の父である

レッスンで子ども達と接していると、なるほど〜と教えられる事が多々あります。 グリュックピアノ教

記事を読む

表現力を引き出す力

表現力。 子ども達はみんな持っています。(^ ^)   表にすぐ

記事を読む

音楽用語は難しい??

音楽用語とは、作曲者が楽譜に記したメッセージ。 実際に作曲家が使われた意味とは、もしか

記事を読む

静と動のバランス

外遊びが大好きな4歳のYちゃん。 太陽が大好きで、この夏も日焼けして真っ黒です。(^∇^)

記事を読む

弾きたい曲を弾く事の大切さ

ヨーロッパのピアニストが、コンサートのアンコールに選ぶ曲は… 「自分が弾きたい曲」です。

記事を読む

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

得意な曲を最初に弾く事が大切な理由

レッスンの時、練習がよく出来た曲、好きな曲、などから弾いて貰うことは、大事な事だと思います。

記事を読む

やり遂げる力を養う

モンテッソーリ教育。 私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だ

記事を読む

自然にイマジネーションが膨らむ

ピアノを演奏する時にとても大切なこと。 「自分がどう表現したいのか?」 ピアノ演奏には、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑