信念と頑固の違いとは…

公開日: : 最終更新日:2018/01/30 ピアノレッスン, 幼児教育

新年おめでとうございます)^o^(

今年もよろしくお願い致します(^^)

同じしんねんでも、今日は信念について。

こじつけ過ぎ…という声が聞こえてきそうですが…(^^;;

辞書によると、「信念とは?」

※正しいと信じる自分の考え。固く信じて疑わない心。行動の基礎となる態度。

※神仏を固く信ずること。宗教を信じる気持ち。信仰心。

などと書いていますが…

ちょっと少し難しいですよねf^_^;

「信念」=「気持ちにぶれがなく、一貫性がある事」と解釈するのが、一番わかりやすいでしょうか?

強いて言えば、積極的に行動し、いろんな物事を体験して、場数を多く踏む上で、気持ちにぶれがない。

ん?  また難しくなっちゃったかな??(^^;;

つまり…

信念=芯が強い人

なのではないかと思うんですよね( ◠‿◠ )

この絵は、フェルメールの絵画^ ^

先月ウィーンに行った時に、美術史美術館で撮ったのですが、みんな撮っていて、私も撮っちゃいましたけど、良かったのかな…(^^;;

光の魔術師と言われるフェルメールも、自分の信念を貫いた素晴らしい画家ですよね(╹◡╹)♡

 

そこで信念と間違ってしまいがちなのが…

自分の意見を変えない、つまり「頑固」とは全く違う、という事です。

信念はひたむきな想い。

利己的だと、ただの頑固な人になってしまいます。

芯が強い人は、どこか余裕があるのでは…^o^

自分に自信があるからこその余裕…(#^.^#)

子ども達に自分に自信を持って貰うには、やっぱり褒めてあげる事 。٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

ピアノレッスンの中で「自分に自信を持つことの大切さ」を伝えていけたら嬉しいですね(o^^o)

そしてその上で「自信があっても上から目線になってはいけない」ということも…

 

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを心がけています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さい(*^^*)

 

 

 

関連記事

子ども達が、練習をやる気になる方法 その2

子ども達が、練習をやる気になる方法  その2 プチ ライバルを作る これは、妹さんでもお友達

記事を読む

子ども達の素質を育てるポイントとは

「すべての子ども達が、良質な素質を持っている。」 その素質を生かすポイントは… 本物に触

記事を読む

タイミングを掴む

幼児のお子様をレッスンする時に、大切なことは沢山ありますが、レッスンを進めていく上で、ここだ!ってい

記事を読む

いつでも始められる音感教育とは

ヨーロッパのお店みたいだけど、実は京都です。   京都の今出川にある、

記事を読む

表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか? リズムはメトロノームで! とか強弱な

記事を読む

目標とは

何かを上達するには、良い師に巡り合うことが大切。 私の初めての先生は、声楽家の叔母の伴奏をして

記事を読む

マンツーマンの良さ

人見知り。 お家ではよく喋るし、明るいんだけど、人前に出るとおとなしくなってしまう子。

記事を読む

聴いて貰うことの大切さ

ピアノや楽器を演奏する時、第3者に聴いて貰うことは、とても大切です。 「練習の時は、弾けてたの

記事を読む

レッスンの要

一番肝心な、要とも言える初歩のレッスン。 最初が肝心とよく言いますが、本当にそうだと思います。

記事を読む

真似っこで表現力アップ

先月からレッスンを開始したHちゃん。 想像力も表現力も豊かな4歳になったばかりの女の子。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑